競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】若駒S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

1月19日 (土)

京都10R   若駒ステークス

3歳オープン   別定   芝2000m   出走 8頭

ペース予想 : S~Mペース

  ショウリュウイクゾ 牡3 56 浜中俊
 ② リオンリオン 牡3 56 福永祐一
 ③ ロードマイウェイ 牡3 56 藤岡佑介
 ④ ブラヴァス 牡3 56 武豊
 ⑤ フェアリーポルカ 牝3 54 和田竜二
 ⑥ キグリスティア 牡3 56 岩田康誠
 ⑦ ヴェロックス 牡3 56 川田将雅
 ⑧ サトノウィザード 牡3 56 C.ルメール

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20190119082102j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑧サトノウィザード です。

ロードカナロア 産駒の3歳牡馬です。

 

大外⑧番枠となりましたね。

この少頭数であれば、枠順による有利不利も少なく、後方からレースを進めても、前が壁になり進路を失うという事もないでしょう。

逆に、内を見ながらスムーズにポジショニング出来ると考えれば、プラスの要因になりそうですね。

直線での末脚勝負に賭ける差し馬の本馬には、丁度良い⑧番枠だと考えます。

 

展開の方は、前走出遅れてしまった⑥キングリスティア が行きそうな雰囲気ですね。

直後の好位に⑦ヴェロックス がポジショニングし、Sペースからのキレ味勝負に持ち込みたくない2頭の先行で、少頭数8頭にしてはある程度レースは流れると想定します。

やや速めのSペースという感じでしょうか。

 

このペースであれば、後方待機の本馬にも不足はないでしょう。

Aコース3週目で内の芝が痛み、外伸び傾向が強くなって来た京都コースのトラックバイアスも、本馬の末脚に追い風となると考えます。

 

追い切りの方も、丹念に乗り込まれ久々を感じさせない動きをマークし、状態面も何ら不安はありません。

2走目の慣れを加味すれば、状態は前走以上と考えて良いと思われます。

 

なにより末脚の破壊力が他馬とは一味違います。

ココも本馬の末脚一閃に期待しましょう。

 



f:id:TAKOICHI:20190119082352j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑦ヴェロックス です。

ジャスタウェイ 産駒の3歳牡馬です。

 

コノ馬の実績は無視できませんね。

野路菊 (OP) 2着に、東京スポーツ杯2歳S (GⅢ) 4着であれば、ココでは実績的には抜けた存在になります。

その 東京スポーツ杯2歳S も、直線で不利がありながら巻き返しての好走であれば、尚更価値のあるモノと考えて良いでしょう。

ココでも上位の存在には間違いありませんが、スケール面で⑧サトノウィザード に一歩譲ると考えました。

 

どちらかと言うと持続力で勝負するタイプと思われるので、内回りのコース・やや速めのSペースという条件は、本馬の得意とする条件になると思われます。

末脚に限界のあるタイプなので、早めスパートで押し切り狙いたいところです。

 

 


f:id:TAKOICHI:20190119082154j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑥キングリスティア です。

ペルシャザール 産駒の3歳牡馬です。

 

前走の ホープフルS (GⅠ) は、出遅れて後方からのレースとなり凡走した事を考えると、今回ハナに立つのは本馬と思ではないでしょうか。

 

デビュー戦の 阪神2000m では、押し出される様にハナに立ち、やや速めのSペースで後続を完封しました。

勝ちタイムも、2分01秒2と上々のタイムで、本馬の強さばかりが目立つレースとなりましたね。

 

今回、タフな馬場の京都コースになりますが、快勝したその 新馬戦 とトラックバイアスは酷似しています。

スムーズにハナに立てるのであれば、その再現となるかもしれません。

 

上記で前走は凡走したと書きましたが、出遅れながらも直線では大外から出走メンバー最速の脚を繰り出し差を詰めています。

その能力は確かなモノで、オープン特別のココなら通用の余地があるでしょう。

 

おそらく本馬も末脚に限界のあるタイプなので、早めスパートの持続力勝負に持ち込みたいですね。

 

 

この3頭の勝負と考えました!

 

コース設定・レース展開は⑦ヴェロックス⑥キングリスティア が有利と思われますが、破壊力のある末脚と外の伸びるトラックバイアスで、⑧サトノウィザード を本命としました。

 

何より 新馬戦 で見せたスケールは、ココで止まる様な器ではないと考えます。

タフな馬場をものともしないキレキレの末脚で、1着濃厚と予想します。

 

 

馬券の方は、

 

⑧サトノウィザード がキッチリ差し切ると考え、本馬から⑦ヴェロックス⑥キングリスティア への馬単2点で勝負したいと思います!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑧→⑦ 3000円
馬単 ⑧→⑥ 2000円
 
合計 5000円

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。