競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【勝負レース回顧】京都金杯!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

1月 5日 (土)

京都11R   京都金杯   GⅢ

4歳上オープン   ハンデ   芝1600m   出走17頭   馬場 : 良f:id:TAKOICHI:20190105213432j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

1着  ⑫ パクスアメリカーナ 川田将雅 1.34.9
2着  ⑮ マイスタイル 田中勝春 3/4
3着  ⑦ ミエノサクシード 川島信二 クビ
4着  ⑥ アドマイヤアルバ 岩田康誠 3/4
5着  ⑧ ヒーズインラブ 藤岡康太 クビ

 

予想はコチラ

 

本命  ⑫パクスアメリカーナ    結果  : 1着!

 

文句なしの快勝でしたね。

スタート直後はチョット後ろ過ぎの感じはありましたが、馬群の外々をジワジワと追い上げ、4コーナー手前の段階では、想定していた先行5~6番手のVポジションにおさまりましたね。

あのポジショニングで勝負アリだったと思います。

 

直線では、3番手から抜け出した⑮マイスタイル を追って伸び、残り100m 付近でコレを捉えると、3/4馬身差を付けて1着でゴールし、初重賞制覇を飾りました。

着差以上に余裕の感じられる勝利でしたね。

 

一方、勝ちタイムの1分34秒9ですが、開幕週という事を考えると、かなり時計が掛かっていますね。

1000m 通過60秒を切るMペースで、決着タイムがコレですから、想定とは全く逆の重い馬場になっているのかもしれません。

前有利という事は間違いない無さそうですが、開幕週だから速くて軽い馬場という概念は、今開催は捨てた方が良いのかもしれませんね。

 

2着の⑮マイスタイル は、外の⑯ツーエムマイスター を行かせての先行2番手と想定していましたが、もう1列下げた3番手からの競馬となりましたね。

結果的に、コレが直線の伸びに繋がった訳ですから、田中騎手のファインプレーという事でしょう。

 

レース後の騎乗コメントでは、『うまくいったと思ったけど、捩じ伏せられたね。今日は外枠だったから、内枠ならもう少しやれていたと思う。』とあった様に、内枠からスムーズな先行であれば、もっと際どい勝負になっていたかもしれません。

久々の1600m のレースになりましたが、見せ場タップリのレース内容でした。

 

 

馬券の結果は、

 

見事、新年初戦を勝利する事が出来ました (笑)

残り200m 付近では、内の④グァンチャーレ を含めたダブル的中もあるか、という感じでしたが、結果⑫パクスアメリカーナ⑮マイスタイル のワイド1点のみの的中となりました。

 

多頭数のハンデ戦という事で若干の心配はありましたが、なんとか乗り切った感じですね。

収支は小さかったですが、明日に繋がるヒントも得られた様に思います。

明日の【今週の勝負レース】も的中させ、連勝と行きたいところです (笑)

 

 

 

【買い目】
ワイド ④-⑫ 3500円 ハズレ
ワイド ⑫-⑮ 1500円 的中!
 
回収 13350円 +8350円

 

以上、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 でした!

 

1月度 勝負成績
勝負レース 1勝0敗
本命馬成績 1-0-0-0
投資金額 5000円
回収金額 13350円
収支 +8350円
回収率 267.0%

 

2019年度 勝負成績
勝負レース 1勝0敗
本命馬成績 1-0-0-0
投資金額 5000円
回収金額 13350円
収支 +8350円
回収率 267.0%

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。