競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の地方競馬】名古屋GP!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の地方競馬】をお届けします!

 

 

 

12月24日 (月)

名古屋11R   名古屋グランプリ   JpnⅡ

3歳上オープン   別定   ダート2500m   出走 9頭

ペース予想 : S~Mペース

  ミツバ 牡6 56 福永祐一
 ② ハッピースプリント 牡7 57 宮崎光行
 ③ ナムラアラシ 牡5 56 岩田康誠
 ④ トーセンノワール 牡3 54 岡部誠
 ⑤ センチュリオン 牡6 56 大野拓弥
 ⑥ カツゲキキトキト 牡5 56 大畑雅章
 ⑦ グリム 牡3 54 武豊
 ⑧ チュウワウィザード 牡3 54 川田将雅
 ⑨ ブランニュー 牡6 56 今井貴大

 

 


f:id:TAKOICHI:20181223165857j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑦グリム です。

9戦5勝の ゼンノロブロイ 産駒の3歳牡馬です。

レパードS (GⅢ)・白山大賞典 (JpnⅢ) の勝馬です。

 

前走の 浦和記念 (JpnⅡ) は、勝馬の オールブラッシュ に出し抜けを喰らう形となり、4コーナーから直線にかけて一気に突き放されてしまいましたが、更に後方から襲い掛かる クリソライト の追撃を封じ、どうにか2着は死守しました。

 

地方馬2頭が飛ばしHペースになった事で、差し馬有利の展開になった事も痛かったですが、ハナを取れずに終始3番手の外々を回らざるを得なかった事も痛かったですね。

多少無理をしてでも、序盤でハナを叩きペースを握るべきだったと思います。

 

今回、出走メンバーに本馬より速い馬は見当たらず、ハナ争いは早々に決着がつくでしょう。

スタートで一気にレースを決めに行くと思われます。

 

一度ハナに立ってしまえば、コースの半分以上をコーナーが占める小回りの名古屋コースです。

短い直線では、後ろからのポジションアップも厳しく、落ち着いたペースに持ち込めるでしょう。

2番手に名古屋の雄⑦カツゲキキトキト を引き連れてのマイペースの1人旅が濃厚です。

 

道中はゆったりとしたペースで脚を溜め、レースが動く2週目の向こう正面で後続を突き放してしまえば、あとはキツい最終コーナーと、日本一短い直線しかありません。

圧勝した 白山大賞典 の様に、危なげなく押し切ると考えます。

 

2500m という距離は、ベストの距離とは思えませんが、それは他の出走馬も同じ事です。

騎乗にも スマートファルコン で地方中距離重賞を勝ちまくった武豊騎手を配し、確実に勝ちに来ています。

まして重馬場であれば、死角を探す方が難しいでしょう。

 

ほぼ当確で良いのではないでしょうか。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181224115000j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑤センチュリオン です。

26戦8勝の キングカメハメハ 産駒の6歳牡馬です。

マーチS (GⅢ) の勝馬です。

 

前走の チャンピオンズC (GⅠ) 、2走前の JBCクラシック (JpnⅠ) のG1クラス2戦では、力不足を感じさせる内容でしたが、ココなら〇対抗の評価がふさわしい能力の持ち主だと考えます。

 

初重賞制覇となった マーチS も、パワーの必要とされる中山コースで、淀みなく流れるMペースを先行4番手追走から押し切りました。

地方交流重賞で必要とされる、重い砂質に負けないパワー、キツいコーナー・短い直線に対応出来る先行力を持ち合わせています。

 

また、2500m の経験はありませんが、2100m での実績 [0-2-1-0] も、他馬を一歩リードしていると言えると思います。

 

今回、[3-4-2-2] と抜群の相性を誇る大野騎手に乗り替わり、先行有利の名古屋コースで2~3番手追走なら、1着は厳しいですが2着の最有力候補ではないでしょうか。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181223165913j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑧チュウワウィザード です。

7戦4勝の キングカメハメハ 産駒の3歳牡馬です。

 

通算 [4-1-2-0] と、安定感抜群の成績を残しています。

今が伸び盛りという感じですね。

 

前走の 師走S (OP) では、Sペースの2番手先行で展開の向いた勝馬 テーオーエナジー には離されましたが、直線ほぼ絶望的な位置から鋭い末脚で2着まで差し込んで来ました。

コチラも持っている能力は相当でしょう。

血統的にも、ルヴァンスレーヴ の近親とあり、まだまだ上の目指せる器だと思われます。

 

今回、初の地方交流重賞となりますが、そのココでも素質は見劣りません。

今のところ末脚を活かす競馬がベターなので、チョット位置取りに心配がある事と、エンジンの掛かりが遅いという事で3番手の評価となりました。

 

キセキ を脚質転換し大成させた川田騎手なら、思い切った戦法を取ってくる可能性もありますね。

 

 

この3頭の勝負と考えます。

あと有力どころでは①ミツバ⑥カツゲキキトキト あたりでしょうか。

①ミツバ は、他馬との戦いの前に、自分のメンタルと戦わないといけない様な馬です。

とても馬券対象には出来ません。

⑥カツゲキキトキト は、地元名古屋の意地を見せたいところですが、このメンバーならあっても3着が精一杯でしょう。

 

⑦グリム はほぼ1着として、焦点は2着争いでしょう。

パワー・機動力で勝る⑤センチュリオン と、今が伸び盛りの⑧チュウワウィザード の戦いと想定しました。

 

馬券の方は、

 

⑦グリム から相手2頭への馬単2点で勝負したいと思います!

ココ勝負と見て、いつもの倍額で勝負です!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑦→⑤ 5000円
馬単 ⑦→⑧ 5000円
 
合計 10000円

自信度【 A 

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の地方競馬】でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。