競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】寒椿賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

12月15日 (土)

中京10R   寒椿賞

2歳500万   馬齢   ダート1400m   出走13頭

ペース予想 : M~Hペース

  フジノタカネ 牡2 55 丸山元気
 ② ガンケン 牡2 55 松山弘平
 ③ アナスタシオ 牝2 54 中谷雄太
 ④ モリノカワセミ 牝2 54 川又賢治
 ⑤ メディクス 牡2 55 吉田隼人
 ⑥ タガノカルラ 牡2 55 太宰啓介
 ⑦ ナランフレグ 牡2 55 丸田恭介
 ⑧ ケイアイターコイズ 牡2 55 長岡禎仁
 ⑨ ビルジキール 牡2 55 田中健
 ⑩ ワイルドトレイダー 牡2 55 菱田裕二
 ⑪ オーヴァルエース 牡2 55 蛯名正義
 ⑫ スマートモリガン 牝2 54 鮫島克駿
 ⑬ ブルスクーロ 牡2 55 津村明秀

 

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20181213162420j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑪オーヴァルエース です。

ヘニーヒューズ 産駒の2歳牡馬です。

 

ココは展開に恵まれそうですね。

先行したい馬が揃い、ペースはかなり流れそうな感じです。

前走、東京のデビュー戦で見せた上がり3F36秒1のド迫力の末脚が活きる展開になるのは、ほぼ間違いないでしょう。

 

追い切りの方も、パワーの要する今週の美浦坂路で、馬なりでラスト1F12秒7と、順調な仕上がりを見せています。

2走目の慣れを含めると、前走以上の状態での出走になると思われます。

 

その追走で一杯一杯だった前走より200m の距離短縮となり、しかも結構速いペースが見込まれますが、血統的には何らこなせて不思議ではありません。

ヘニーヒューズ 産駒であれば、むしろこの辺りがベストの距離になる可能性が高いと考えます。

 

チョット操縦性に欠ける面が見られるので、蛯名騎手の継続騎乗というのもプラスでしょう。

先行有利の中京コースでも、ド迫力の末脚で力の違いを見せつけそうです。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181213162442j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑧ケイアイターコイズ です。

キンシャサノキセキ 産駒の2歳牡馬です。

 

乗り替わりが痛いですね。

前走同様に内田騎手であれば、⑪オーヴァルエース を〇対抗に変更し、本馬を◎本命にしようかと考えていましたが、この騎手変更では◎本命は厳しいですね。

 

何せ今季まだ1勝で、勝率が0.5%の長岡騎手ですからねぇ・・・。

う~ん。という感じですね。

戦法的には、ハナに立ってどれだけ粘れるかの馬なので、分かりやすくて簡単というイメージですが・・・果たしてどうでしょうか。

 

肝心の馬の方はというと、2戦目という事もあり、初戦より確実に上向いている感じですね。

追い切りの方も、栗東CWで一杯に追われましたが、前走時にマークした追い切りタイムを軽く上回って来ました。

状態は前走以上という事で間違いないでしょう。

 

今回、先行したい馬が結構揃い、速いペースが想定されますが、テンの3Fは本馬が一番速いハズなので、この枠から内の馬を見ながら、ジワッとハナに立つと思われます。

 

ハナに立ってしまえば、前走の速いペースで粘り通した1分25秒3、上がり3F36秒6のタイムが活きて来ますね。

再度の速いペースでも、直線で他馬を離し、抜け出して来ると思われます。

 

2走目の上積みも含めると、コチラも勝ち負けでしょう。

 

 

この2頭の勝負と考えます。

速いペース想定ですが、それでも直線で抜け出して来るであろう ⑧ケイアイターコイズ に、直線大外からド迫力の末脚で迫る ⑪オーヴァルエース の2頭の戦いと想定します。

この2頭で結構堅いんじゃないでしょうか。

 

馬券の方は、この2頭の馬連1点でビシッと決めましょう!

 

 

 

【買い目】
馬連 ⑧-⑪ 3000円
 
合計 3000円

自信度【 B

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

【土曜日 その他の気になる馬】

 

中山11R   ターコイズステークス   GⅢ

⑮カワキタエンカ

前走のJBCレディスクラシック (JpnⅠ) は、不向きなダート戦での大敗だったのでノーカウントで良いでしょう。

注目は2走前の府中牝馬S (GⅡ) の内容です。

1000m 通過58秒2の速いペースで逃げ、1分45秒2の6着と好走しました。

先着した上位5頭のメンツを考えれば、ココで好走しても何ら不思議ではありません。

 

その強い内容の府中牝馬Sが5ヶ月の休養明けの1戦であった事、今回1戦1勝の得意の中山コースでのレースになる事を考えると、ハナに立ってあれよあれよの一発があるかもしれません。

複勝で買ってみたい1頭です。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。