競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】阪神JF!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

12月 9日 (日)

阪神11R   阪神ジュベナイルフィリーズ   GⅠ

2歳オープン   馬齢   牝馬   芝1600m   出走18頭

ペース予想 : Mペース

  ベルスール 牝2 54 B.アヴドゥラ
 ② ジョディー 牝2 54 四位洋文
 ③ プールヴィル 牝2 54 秋山真一
 ④ シェーングランツ 牝2 54 武豊
 ⑤ メイショウショウブ 牝2 54 池添謙一
 ⑥ スタークォーツ 牝2 54 荻野極
 ⑦ ウインゼノビア 牝2 54 松若風馬
 ⑧ ラブミーファイン 牝2 54 丸山元気
 ⑨ クロノジェネシス 牝2 54 北村友一
 ⑩ タニノミッション 牝2 54 浜中俊
 ⑪ ビーチサンバ 牝2 54 福永祐一
 ⑫ レッドアネモス 牝2 54 戸崎圭太
 ⑬ ダノンファンタジー 牝2 54 C.デムーロ
 ⑭ サヴォワールエメ 牝2 54 藤岡康太
 ⑮ ローゼンクリーガー 牝2 54 藤岡佑介
 ⑯ グレイシア 牝2 54 田辺裕信
 ⑰ トロシュナ 牝2 54 北村宏司
 ⑱ メイショウケイメイ 牝2 54 古川吉洋

 

 

昨日の【今週の勝負レース】エリカ賞の敗因検証で気になったのですが、勝馬の エールヴォア が62秒2のSペースで逃げて、上がり3Fが35秒3と結構上がりが掛かっているんですね。

同日の阪神コースの芝の全レースを調べてみると、勝馬の上がり3Fは軒並み35秒台の上がりで、強い勝ち方だったメインの リゲルS (OP) の勝馬 パクスアメリカーナ の上がり3F34秒1が最速でした。

 

週中の降雨の影響が多少なりはあると思われますが、かなりソフトでパワーを必要とする馬場になっていると思われます。

 

それを踏まえた上で、予想をチョット変更してみました。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181209103903j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑪ビーチサンバ です。

クロフネ 産駒の2歳牝馬です。

現在4番人気です。

 

上がりの掛かる馬場となると、持久力勝負となった前走のアルテミスS (GⅢ)2着の本馬が最有力ではないでしょうか。

前走は直線で自ら勝ちに行っての結果なので、2着という着順も納得の結果でしょう。

テンションが高くなってしまい、スタートで出遅れての結果だけに、高い評価が必要と考えます。

1000m 通過58秒7の速いペースも勝馬に味方しましたね。

 

今回、テンの入りが緩やかになる傾向の阪神1600m に替わり、前走ほどの速いペースになる事もないでしょう。

輸送距離も短くなり、テンションの上がりも抑えられると考えます。

 

追い切りの方も、栗東坂路で馬なりでラスト1F12秒4と、前走以上の気配を見せています。

 

出遅れる事無く、スムーズに中団追走であれば、キャリア2戦目でHレベルの重賞2着の実力を見せると考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181209104104j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・④シェーングランツ です。

ディープインパクト 産駒の2歳牝馬です。

アルテミスS (GⅢ) の勝馬です。

現在3番人気です。

 

週中の予想では軽視の方向でしたが、持久力勝負の想定となると、本馬も有力候補の1頭になると考えます。

 

前走のアルテミスSは展開の恩恵もありましたが、エンジンが掛かった直線半ばからは、大きいストライドで沈み込むフォームの、さすが良血と思わせる末脚を繰り出しました。

 

今回、ペース的に前走までの速いペースは望めないと思われますが、あと1列前で競馬出来る様であれば、長い直線で末脚一閃という可能性もあると考えます。

 

阪神外回り1600m のG1で9勝と抜群の相性を誇る ディープインパクト 産駒に、騎乗が名手 武豊騎手というのも大舞台向きと言えるでしょう。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181209104324j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑨クロノジェネシス です。

ココで《今週の狙い馬》の本馬としました。

バゴ 産駒の2歳牝馬です。

現在2番人気です。

 

キャリア2戦ともにキレキレの末脚で勝利していますが、バゴ 産駒の本馬の本質は、パワーを必要とする持久力勝負にこそあると考えました。

 

なにぶんSペースからの瞬発力勝負しか経験がないので、それが正解か不正解か分からないという事で3番手の評価としましたが、もし正解であるなら、ココでも十分通用すると思われます。

 

ハービンジャー 産駒の半姉 ノームコア が、パワーを必要とする中山コース [2-0-1-0]と、得意としている事も後押しになると思われます。

 

問題は淀みないペースに対応できるかどうかでしょう。

キャリア2戦ともに、先行4番手からの勝ち上がりだった事を考えると、今回は中団あたりのポジションになるでしょうか。

 

速いペースに戸惑わず、スムーズに中団追走が可能なら、出走メンバーでもおそらく最上位の末脚で、勝ち負けになると考えます。

  

 

以上の3頭で勝負してみたいと思います。

 

上がりの掛かるソフトな馬場・阪神の長い直線・速めに流れるであろうペースに、最も適性があると思われる ⑪ビーチサンバ を本命としました。

 

相手には、持久力勝負向きの息の長い末脚の ④シェーングランツ 、適性不明も血統的にはこなせて不思議ない ⑨クロノジェネシス としました。

 

馬券の方は、⑪ビーチサンバ からの相手2頭への馬連の2点に、あと押さえとして、馬場への適性がどうかと思われる⑬ダノンファンタジー への馬連、紛れるなら内枠からと考え、③プールヴィル⑤メイショウショウブ への馬連の計5点で勝負したいと思います!

 

 

 

【買い目】
馬連 ④-⑪ 1500円
馬連 ⑨-⑪ 1500円
馬連 ⑪-⑬ 1000円
馬連 ③-⑪ 500円
馬連 ⑤-⑪ 500円
 
合計 5000円

自信度【 B

 


(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。