競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】チャレンジC!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

12月 1日 (土)

阪神11R   チャレンジカップ   GⅢ

3歳上オープン   別定   芝2000m   出走12頭

ペース予想 : Mペース

  マルターズアポジー 牡6 56 福永祐一
 ② マウントゴールド 牡5 56 武豊
 ③ タンビュライト 牡4 57 北村友一
 ④ マイネルフロスト 牡7 56 丹内祐次
 ⑤ ダッシングブレイズ 牡6 56 C.デムーロ
 ⑥ ケントオー 牡6 56 松若風馬
 ⑦ ロードヴァンドール 牡5 56 横山典弘
 ⑧ レイエンダ 牡3 55 C.ルメール
 ⑨ エアウィンザー 牡4 56 M.デムーロ
 ⑩ ステイフーリッシュ 牡3 56 藤岡佑介
 ⑪ トリコールブルー 牡4 56 岩田康誠
 ⑫ サイモンラムセス 牡8 56 小牧太

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20181130183452j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑧レイエンダ です。

キングカメハメハ 産駒の3歳牡馬です。

 

⑨エアウィンザー と一騎討ちの様相ですね。

互いに偉大な兄を持つ キングカメハメハ 産駒の良血馬で、安定した堅実な成績を残しています。

騎乗も、C.ルメール・M.デムーロとくれば、この2頭に人気が偏るのも仕方のないところでしょう。

 

甲乙を付け難い2頭ですが、私は⑧レイエンダ を上位と考えます。

 

前走のセントライト記念 (GⅡ) ですが、勝馬は1頭大逃げの離れた馬群の2番手の絶好位、3着馬は道中後方から直線内を突いた事を考えると、2着と敗れましたが、大外枠からグルっと外々回った本馬が、1番強いレースをした事は間違いないでしょう。

すでに重賞を勝てるレベルの能力である事を証明しました。

 

今回、①マルターズアポジー の逃げが濃厚で、他にも先行馬が揃いペースは緩まないでしょう。

開幕週の馬場ではありますが、軽いキレ味勝負ではなく、底力を求められる持久力勝負になると考えます。

 

そうなれば、本馬が優位に立つのではないでしょうか。

 

現にMペースとなった3走前の夏木立賞、2走前の松前特別を、息の長い良質の末脚で好タイムで楽勝しています。

2000m への適性という点でも、本馬の方が上だと考えます。

 

2ヶ月の休養明けの競馬となりますが、元々休み休み使われて来たので、特に問題はないでしょう。

前走の激走の疲れを癒すには、丁度良いリフレッシュになったのではないでしょうか。

 

騎乗もC.ルメール騎手であれば、来年の飛躍に向けて落とせない1戦です。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181130183659j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑨エアウィンザー です。

キングカメハメハ 産駒の4歳牡馬です。

 

対抗はやはりこの馬ですね。

本格化を思わせる内容で現在3連勝中です。

 

特に前走のカシオペアSは、直線のキレ味勝負で2馬身差と、着差の付きにくいSペースのレースでのこの着差は、圧勝と言っても良いでしょう。

この勢いで4連勝と行きたいところですが、ココは強い相手が現れましたね。

 

今回、①マルターズアポジー の逃げる流れは、開幕週という事を踏まえると、Mペースが濃厚でしょう。

通算成績 [6-5-1-1] と安定した成績を誇りますが、レースラップのラスト3Fが34秒台になると信頼度が落ちるだけに、ココは2番手の評価が妥当と思われます。

 

追い切りの方は、栗東CWで軽く仕掛けられてラスト1F11秒台と好調をキープしています。

M.デムーロ騎手騎乗であれば、2着はがっちりキープしたいところです。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181130184500j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑩ステイフーリッシュ です。

ステイゴールド 産駒の3歳牡馬です。

 

狙うならココしかないでしょう。

 

キャリア7戦で、最もパフォーマンスの高かった4走前の京都新聞杯 (GⅡ) 勝ちを検証してみると、

  1. 右回り京都の2200m
  2. ⑬番の外枠からの発走
  3. メイショウテッコン が引っ張る速めの流れ
  4. スムーズに2番手で先行
  5. レースラップがラスト3F34秒6の持久力勝負

という特徴が見られました。

 

逆に言えば、これらの条件が揃った時に、京都2200m を2分11秒0という好時計で楽勝した京都新聞杯のパフォーマンスが見られるという事ではないでしょうか。

 

これを今回の条件に当てはめると、

  1. 右回り阪神の2000m
  2. ⑩番の外枠からの発走
  3. ①マルターズアポジー が引っ張る速めの流れ
  4. 頑張れば2番手で先行出来るかもしれない
  5. たぶん持久力勝負

と、かなり?酷似しています。

 

まぁ分かりやすく言えば、本馬は2000m あたりがベストの距離の、速いペースを前々で踏ん張る、持久力タイプの馬だという事ですね (笑)

 

今回、その条件が結構揃った感じです。

⑩番という外枠から、スムーズに先行出来るなら、オモシロイかもしれません。

明確な敗因のあった近3走の結果で、人気を落とす様であれば『買い』だと思います。

 

 

この3頭の勝負と考えます。

 

①マルターズアポジー の逃げでペースが緩まないという事がポイントになりそうですね。

ココは持久力勝負に長けるであろう⑧レイエンダ を中心に考えてみました。

 

相手は3連勝中で本格化を匂わせる⑨エアウィンザー 、この条件で一発を狙う⑩ステイフーリッシュ としました。

 

馬券の方は、⑧レイエンダ から⑨エアウィンザー⑩ステイフーリッシュ への強弱を付けた馬単2点で勝負したいと思います!

ココも勝負と考え、いつもの倍額で勝負です!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑧→⑨ 5000円
馬単 ⑧→⑩ 1000円
 
合計 6000円

自信度【 A

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。