競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【勝負レース回顧】赤松賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

11月18日 (日)

東京11R   赤松賞

2歳500万   馬齢   牝馬   芝1600m   出走12頭   馬場 : 良f:id:TAKOICHI:20181118164613j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

1着  ⑥ ジョディー 武藤雅 1.34.3
2着  ② マドラスチェック 大野拓弥 ハナ
3着  ⑤ レディマクベス 北村宏司 3 1/2
4着  ③ ブルーグローブ 柴田大知 クビ
5着  ⑧ ウィクトーリア 田辺裕信 1/2

 

予想はコチラ

 

本命  ⑤レディマクベス     結果  : 3着!

 

やってしまいました (涙)

この急激な失速ぶりは距離の壁でしょう。

 

道中は、逃げた⑥ジョディー を前に見ての2番手追走で、直線入口あたりでは圧勝すらある手応えの様に思えましたが、いざ仕掛けられると全く伸びず、残り200m 地点で完全に脚が上がり、ズルズル後退して3着がやっとという内容でした。

 

レディオブオペラ は、スプリント戦4連勝で駒を進めたシルクロードS (GⅢ) をストレイトガール の2着の後、高松宮記念 (GⅠ) にも出走した快速馬で、この母に ハーツクライ であれば、1800m ぐらいまでなら何とかなるかと考えていましたが、まったく何ともなりませんでした (涙)

 

デビュー戦は同じ東京1600m を快勝しましたが、今回それよりペースが流れ、スタミナの限界が早目に来てしまった感じではないでしょうか。

前走から-6kg の馬体重で、パドックで腹回りが多少細く映ったのも、良くない傾向だったかもしれません。

完全に見誤ってしまいました・・・(涙)

 

 

では、レース回顧です。

 

⑥ジョディー がハナに立ちました。

 

2番手に⑤レディマクベス 、3番手に②マドラスチェック 、4番手に④エムティアン 、5番手に⑨ロカマドール の隊列となりました。

 

あと人気どころでは、⑧ウィクトーリア は8番手、⑩ミディオーサ は10番手からの競馬となりました。

 

前半800m 通過48秒0のSペースで、⑥ジョディー がレースを引っ張ります。

 

3・4コーナーで、先頭は⑥ジョディー が2馬身のリード、2番手に⑤レディマクベス が続き、半馬身後方の内の3番手に②マドラスチェック 、さらに半馬身後方の4番手に⑨ロカマドール 、そこから2馬身後方の内の5番手に①ヘリンヌリング が追走し、各馬直線へ向かいます。

 

直線に入り、⑥ジョディー が1馬身のリード、2番手の⑤レディマクベス が絶好の手応えでコレに続き、1馬身後方の3番手に②マドラスチェック が続きます。

 

残り400m 地点で、仕掛けられた⑥ジョディー が半馬身のリード、2番手の⑤レディマクベス も仕掛けを開始し、この2頭での勝負が濃厚になります。

2馬身後方の②マドラスチェック が必死に前2頭を追いますが、なかなか差が詰まりません。

 

残り200m 地点で、先頭は⑥ジョディー で1馬身のリード、直線入口の手応えでは圧勝もあるかと思われた⑤レディマクベス は、いざ仕掛けられるともたついて失速し、逆に差を拡げられてしまいます。

3番手の②マドラスチェック が懸命の追い上げで⑤レディマクベス を捉え、2番手に上がり先頭を狙います。

 

結局、ゴール前で②マドラスチェック にハナ差まで詰め寄られた⑥ジョディー がなんとか1着でゴール、2着に後半良く追い込んだ②マドラスチェック 、離された3着に急失速の⑤レディマクベス の着順となりました。

 

道中1~3番手追走の馬が1~3着となり、後方・外からの馬には厳しいレースとなりました。

Cコース替わりの内が止まらない馬場が、顕著に表れた結果ですね。

 

 

馬券的には、

 

先週日曜日の黄菊賞に続き、予想自信度【 A 】で勝つ気マンマンで勝負しましたが、やってしまいました・・・(涙)

 

本命の⑤レディマクベス と、逃げた⑥ジョディー との直線の併走で、2週連続の自信度【 A 】での勝利を確信しましたが、残り200m で完全に脚が上がってしまいましたね。

初戦のインパクトの強さで、距離適性を見誤ってしまいました。

次走、1200~1400m に出走して来た時には、再度アタマで勝負してみたいと思います。

 

馬券の方は、相手に取り上げた⑥ジョディー が、5番人気で1着と頑張りましたが、本命の⑤レディマクベス がアレでは話になりませんでした。

 

土曜日の東京スポーツ2歳S (GⅢ) の本命馬 ヴェロックス も不利はありましたが微妙な感じの4着と、キレていそうでキレていない、そんな今週末の予想となってしまいました・・・。

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑤→⑩ 2000円 ハズレ
馬単 ⑤-⑧ 2000円 ハズレ
馬単 ⑤-⑥ 1000円 ハズレ
 
回収 0円 -5000円


 

 

【日曜日 その他の気になる馬 結果】

 

京都 9R   秋明菊賞

⑧アドレ     結果  : 10着!

ド派手に出遅れましたね (笑)

後方2番手からの追走となりましたが、道中は掛かりっぱなしで、まともなレースになりませんでした。

直線では騎乗も追う事を止め、ただ流れ込んだだけの10着と、今後に大きな課題を残す結果となりました。

能力はあると思われるだけに、残念です。

 

京都11R   マイルチャンピオンシップ   GⅠ

①ステルヴィオ     結果  : 1着!

結果的にコチラで勝負すべきでしたね。

3着の ③アルアイン をワイドの相手に指名していたので、コチラで勝負であれば的中していました。

【今週の勝負レース】変更が完全に裏目に出ました (涙)

Cコース替わりの内が伸びる馬場を、巧みに利用した騎乗の腕も光りましたが、やはり持っている能力は相当でしょう。

この先無事であれば、マイル路線はこの馬の時代が来るかもしれません。

 

 

 

以上、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 でした!

 

11月度 勝負成績
勝負レース 1勝5敗
本命馬成績 2-1-1-2
投資金額 24000円
回収金額 30350円
収支 +6350円
回収率 126.4%

 

2018年度 勝負成績
勝負レース           26勝47敗2分
本命馬成績 27-16-9-22
投資金額 308000円
回収金額 369650円
収支 +61650円
回収率 120.0%

 

では次回は、タコイチの『勝負レース成績』をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。