競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】赤松賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

11月18日 (日)

東京 9R   赤松賞

2歳500万   馬齢   牝馬   芝1600m   出走12頭

ペース予想 : Mペース

  ヘリンヌリング 牝2 54 嘉藤貴行
 ② マドラスチェック 牝2 54 大野拓弥
 ③ ブルーグローブ 牝2 54 柴田大知
 ④ エムティアン 牝2 54 桑村真明
 ⑤ レディマクベス 牝2 54 北村宏司
 ⑥ ジョディー 牝2 54 武藤雅
 ⑦ ファクトゥーラ 牝2 54 内田博幸
 ⑧ ウィクトーリア 牝2 54 田辺裕信
 ⑨ ロカマドール 牝2 54 三浦皇成
 ⑩ ミディオーサ 牝2 54 岩田康誠
 ⑪ クィーンユニバンス 牝2 54 池添謙一
 ⑫ プロスペリティ 牝2 54 松若風馬


当初、京都のマイルチャンピオンシップ (GⅠ) で勝負する予定でしたが、より確率の高そうなコチラのレースに【今週の勝負レース】を変更しました。

 

距離は異なりますが、昨日同コースで行われた東京スポーツ2歳S (GⅢ) の敗因も踏まえて、予想したいと思います。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181118022801j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑤レディマクベス です。 

ハーツクライ 産駒の2歳牝馬です。

 

前走の東京1600m デビュー戦が素晴らしい内容でした。

スタートで少し出遅れ、道中は中団8番手からの競馬となりましたが、直線では勝ちパターンに入っていた2着の レッドベルディエス を出走メンバー最速の上がり3F33秒2の末脚で捉え、デビュー戦を勝利で飾りました。

 

その2着の レッドベルディエス が好スタートを決め、Sペースの先行3番手追走と、完璧なレースで勝ちパターンに入っていただけに、それを出遅れながら差し切った本馬の高い能力が印象的でした。

 

レースラップがラスト3F11秒5→11秒1→11秒1だったので、この流れを中団から差し切った本馬は、ラスト2F連続で10秒台の末脚を駆使している事は確実でしょう。

相当にキレる末脚を持っています。

レッドベルディエス も、相手が悪かったとしか言い様がないですね。

3着以下には7馬身以上の決定的な差を付けています。

 

今回、前走と同舞台でのレースとなりますが、前に行きたい馬が揃い、ペースは前走よりも流れるでしょう。

Cコース替わり1週目で、内に進路を取る先行馬の粘り込みには注意が必要ですが、本馬の能力であれば、差し損ねるという事は無いでしょう。

このメンバーであれば、1枚も2枚も能力は上だと考えます。

 

2走目の慣れも加味すると、焦点は2着争いでしょう。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181118022823j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑩ミディオーサ です。

ディープインパクト 産駒の2歳牝馬です。

 

コチラが2着候補筆頭でしょうか。

ミスエルテミカリーニョ の半妹という事で、本馬もキレる末脚を持っています。

父が ディープインパクト に替わり、潜在能力は姉以上かもしれません。

 

前走のアルテミスS (GⅢ) は、中団追走から直線は内へコースを取りましたが、前が詰まり進路を確保する事が出来ませんでした。

ノーカウントの1戦で良いでしょう。

 

今回、自己条件への出走となりますが、前走G3で脚を余しての8着であれば、ココでは大威張り出来る内容ですね。

 

⑤レディマクベス という1頭強い馬がいますが、後方からの末脚勝負で、上位は必至と考えます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181118022836j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑧ウィクトーリア です。

ヴィクトワールピサ 産駒の2歳牝馬です。

 

コチラは先行馬となります。

前走の札幌2歳S (GⅢ) は、スタートで出遅れ、流れに乗れずにチグハグな競馬となり、7着と敗れてしまいました。

開催最終週の馬場で、レコードタイムを叩き出したデビュー戦の面影は、まったく見られませんでしたね。

 

今回、自己条件への出走となりますが、ヴィクトワールピサ 産駒という事で、前に行かないと味が出ないタイプの様ですね。

 

②マドラスチェック④エムティアン⑥ジョディー との兼ね合いになりますが、スムーズに流れに乗って先行出来る様だと、1着は厳しいかもしれませんが、2着はあるかもしれません。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181118121847j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

△は・・・⑥ジョディー です。

ダイワメジャー 産駒の2歳牝馬です。

 

コチラが今回はハナ候補でしょうか。

新馬戦を快勝し、続く新潟2歳S (GⅢ) では4着と、なかなかの成績でしたが、前走自己条件のサフラン賞でも4着と、望まれる結果が出せませんでした。

 

今回、アルテミスS4着・クローバー賞勝ちの ウインゼノビア を加速ラップで突き放し問題にしなかった、新馬戦同様の逃げの手に打って出る事が濃厚です。

 

500万戦とあり、新馬戦の様な楽なペースで逃げる事は難しいですが、スムーズにハナに立てるのであれば、Cコース替わりで内が止まらない馬場でもあり、オモシロイかもしれません。

 

 

以上の4頭で予想してみました。

能力が違う⑤レディマクベス のアタマは揺るぎ無いでしょう。

キッチリ勝ち切ると予想します。

2着争いに、後方から詰め寄る⑩ミディオーサ 、先行抜け出しを図る⑧ウィクトーリア 、強かった新馬戦の逃げに戻す⑥ジョディー と考えました。

 

馬券の方は、⑤レディマクベス から相手3頭への馬単3点で勝負したいと思います!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑤→⑩ 2000円
馬単 ⑤-⑧ 2000円
馬単 ⑤-⑥ 1000円
 
合計 5000円

自信度【 A

 


(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

【日曜日 その他の気になる馬】

 

京都 9R   秋明菊賞

⑧アドレ

デビュー戦の勝ちっぷりが印象的でした。

2戦目のクローバー賞は逆のベクトルで大敗しましたが、3戦目のココは初戦に似たベクトルとなります。

使い続けるとテンションが高くなるとの事なので、休養明けのココが狙い目でしょう。

相手は②ユナカイト③ジョニーズララバイ⑥ローゼンクリーガー でしょうか。

 

京都11R   マイルチャンピオンシップ   GⅠ

①ステルヴィオ

前走の毎日王冠 (GⅡ) では後方から唯一伸びて来ました。

3歳馬ながら能力は相当でしょう。

叩き2戦目・1600m ・内枠・速くなりそうなペースと、条件が揃った感じです。

相手は③アルアイン⑧モズアスコット でしょうか。

有力馬多数のレースの為、ワイドがお薦めです。

 

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。