競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】観月橋S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

11月10日 (土)

京都10R   観月橋テークス

3歳1600万   定量   ダ1800m   出走 9頭

ペース予想 : M~Hペース

  ジュンスパーヒカル セ6 57 岩田康誠
 ② コンセギール 牡6 57 幸英明
 ③ リアンヴェリテ 牡4 57 松山弘平
 ④ ヴァローア 牝6 55 C.デムーロ
 ⑤ クリノリトミシュル 牝5 55 藤岡佑介
 ⑥ インティ 牡4 57 武豊
 ⑦ コウエイワンマン 牡7 57 太宰啓介
 ⑧ ドラゴンカップ 牡5 57 和田竜二
 ⑨ テルペリオン 牡4 57 松若風馬

 

 

《今週の狙い馬》の時点で、相手候補筆頭と考えていた ワイルドカード が回避しましたね。

コレで最初から予想を考え直すハメになりました (笑)

まぁ、考え直しても⑥インティ 1着は変わりませんので、相手候補を新たに探すという事になります。

 

⑥インティ より前のポジションは展開的に厳しくなると考え、相手は本馬より後方からの馬ではないかと考えました。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181109205658j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑥インティ です。

ケイムホーム 産駒の4歳牡馬です。

 

ココは単なる通過点に過ぎないでしょう。

前走京都1800m の1000万戦の勝ちタイムは、パンパンの良馬場で1分50秒1と、JBCクラシック (JpnⅠ) でも通用するであろう超抜のタイムでした。

 

このタイムを3ヶ月の休養明けで、ほぼ馬なりで叩き出す訳ですから、中3週と順調な調整の今回は、負ける姿を想像する方が難しいですね。

 

今回、内から③リアンヴェリテ を行かせての2番手追走と思われます。

後方の馬が脚を溜める展開にはさせたくないハズですから、向こう正面あたりから、遅くとも3コーナー手前から③リアンヴェリテ にプレッシャーをかけ、ペースを上げて来るでしょう。

4コーナーで③リアンヴェリテ をパスし、直線はリードを拡げる展開になると予想します。

 

追い切りの方も、特筆すべき時計ではありませんが、3ヶ月の休養明けの前走を叩かれ、順調な仕上がりを見せています。

 

虚弱体質で出世は遅れていますが、そもそも条件戦を走るレベルの馬ではないと考えています。

無事であれば、来年の今頃は重賞を2つ3つ勝ち、チャンピオンズC (GⅠ) に出走しているでしょう。

 

ココでは力が違い過ぎます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181109205914j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・④ヴァローア です。

エンパイアメーカー 産駒の6歳牝馬です。

 

対抗は本馬としました。

通算成績 [3-2-2-16] と、掴みどころのない馬ですが、敢えてココで狙ってみようと思います。

 

前走粒ぞろいの秋嶺Sで、前半800m 48秒8の芝並みのHラップを先行し、直線では差し・追い込み馬の強襲に遭いましたが、5着と掲示板を確保しました。

素質馬 ワイルドカード とハナ差であれば、上等の結果と言えるでしょう。

 

今回、秋嶺Sから200m の距離延長となりますが、本馬は前走より距離を延長した際に、パフォーマンスを上げる傾向にあります。

キャリア3勝の内、2勝が前走からの距離延長で、2勝ともに出走メンバーぶっちぎり1位の末脚で、2着馬に2馬身以上の差を付けて快勝しています。

 

もともと1800m がベストの馬で、叩き3走目の今回に照準を合わせたローテーションだと思われます。

C.デムーロ騎手を配して来たのも、ココ勝負の表れでしょう。

その前走の素質馬揃いの1戦が5着なら、今回は期待しても良いのではないでしょうか。

 

今回、超抜の時計で4連勝中の⑥インティ が出走という事で、道中のペースはかなり流れると思われます。

前の馬は速めに潰され、直後の馬は追走に苦しむ事になると予想します。

正直⑥インティ を負かすのは難しいと思われますが、2着に最も近いのは4~6番手ぐらいの中団の馬でしょう。

 

本馬はもともと後方からの競馬で勝ち上がって来た馬なです。

前走Hラップのレースを叩かれた事により、追走も楽になるでしょう。

⑥インティ を意識して、余り前々の競馬にならなければ、直線で脚を伸ばしての2着はあると思います。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181110015923j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑨テルペリオン です。

フリオーソ 産駒の4歳牡馬です。

 

前走の1600万 釜山Sは、道中3番手で先行するも、ハナを切った タガノディグオ に逃げ切りを許し、2着と敗れました。

勝馬は、もともとJDD (JpnⅠ) 3着の実力馬だった事を考えると、相手が悪かったという事でしょう。

900m 通過55秒8のSペースの展開も、勝馬に向いたと思われます。

 

今回、その釜山Sから2ヶ月半の休養明けの1戦となりますが、もともと [2-0-0-1] と休み明けを得意としており、追い切りも2週続けて栗東CWでラスト1F11秒台と、絶好の動きを見せています。

 

⑥インティ を見る形の3番手の競馬になると思われますが、あまり追いかけてしまうと厳しくなりそうなので、離れた3番手というポジションが理想的ですね。

 

先行馬という事で、脚抜きの良い馬場を得意としており、前日の雨の影響がレースの時間帯まで残る様であれば、さらに渋太い粘りを見せるでしょう。

 

今季当クラス2着2回と、本格化の兆しを見せてきた今なら、⑥インティ を負かすのは厳しいと思いますが、④ヴァローア と同じく2着はあると思います。

 

 

この3頭の勝負と考えます。

と言うか、1頭は確勝クラスですね (笑)

まぁココでは⑥インティ は負けないでしょう。

焦点は2着争いという事で、④ヴァローア と⑨テルペリオン を取り上げてみました。

2頭は甲乙つけ難いところです。

 

実績的に見れば2番手の評価は、⑤クリノリトミシュル になりますが、6ヶ月の休養明けが心配です。

点数を拡げられるオッズでもなさそうなので、今回は見送りとしました。

 

馬券の方は、⑥インティ 1着固定の④ヴァローア・⑨テルペリオン への3馬単2点で勝負したいと思います!

 

 

【買い目】
3連単 ⑥→④→⑨ 1500円
3連単 ⑥→⑨→④ 1500円
 
合計 3000円

自信度【 B

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。