競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

11月11日 (日)

京都 9R   黄菊賞

2歳500万   馬齢   芝2000m   登録 8頭f:id:TAKOICHI:20181107093524j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  コスモカレンドゥラ

通算  1-1-0-1  騎乗未定

 

前走 アイビーS(OP) 東京 (芝)1800m 1.48.9 2着
2走前 2歳未勝利 中山 (芝)1800m 1.49.7 1着
3走前 2歳新馬 新潟 (芝)1800m 1.51.5 4着

 

3戦1勝の ノヴェリスト 産駒の2歳牡馬です。

アイビーSの2着馬です。

 

その前走のアイビーSですが、1000m 通過秒のSペースを終始2番手で追走し、直線では勝馬の クロノジェネシス の鬼脚には屈しましたが、本馬も3F33秒1の末脚を駆使し、後続に1 1/4馬身の差を付け2着を確保しました。

 

ノヴェリスト 産駒という事で、パンパンの良馬場の瞬発力勝負では苦しいと考え軽視していましたが、なかなかの脚を使いましたね。

 

勝馬の クロノジェネシス が、暮れの阪神JF (GⅠ) でも有力視される馬という事を考えると、上出来の1戦だったと言えるでしょう。

 

今回、自己条件の500万戦へ出走となりますが、前走オープンで強敵相手に2着した実績は、ココでも頭1つ抜けています。

 

また、登録8頭と少頭数のレースが確実です。

登録メンバーを見渡しても差し馬が大半で、確実に先行すると言えるのは、本馬以外に見当たりません。

本馬のSペースの単騎逃げが濃厚となります。

 

Bコース替わり2週目となる京都コースですが、それまでの傾向と変わりなく、速いタイムの出にくいパワーの方にベクトルの向いた馬場となっています。

金曜日の雨で、その傾向は更に増すでしょう。

 

前走で軽い馬場にも対応出来る事がわかりましたが、欧州血統の ノヴェリスト 産駒という事から、本来はパワーを必要とする馬場の方を得意としている事は、2走目の稍重馬場での中山未勝利戦の快勝で証明済みです。

 

また本馬はエンジンの掛かりが速く、瞬時にトップギアにギアチェンジ可能な事が魅力の1つです。

京都内回りコースでの先行馬のセオリーでもある、直線入口で後続との差を拡げ、そのリードで粘り込む作戦にはピッタリですね。

 

2着以内の確率はかなり高いと思われます。

 

 

相手候補としては、

 

ヴィクトリアピース

1戦1勝の ヴィクトワールピサ 産駒の2歳牝馬です。

毎日杯 (GⅢ)・新潟記念 (GⅢ) 勝ちの ブラストワンピース の半弟になります。

 

出遅れ・大外ブン回しと2歳の若駒らしい大味なデビュー戦となりましたが、それでもキッチリ勝ち切るあたりは、さすが ブラストワンピース の弟というところでしょうか。

 

正直、インパクトはもうひとつでしたが、兄の ブラストワンピース も、2戦目の500万戦で一気にパフォーマンスを跳ね上げ、一躍クラシック候補と騒がれる存在になりました。

本馬も、慣れの見込める2戦目のココで期待したいところです。

 

 

こんな感じでしょうか。

う~ん相手が微妙ですねぇ。

とりあえず ブラストワンピース の下という事で ヴィクトリアピース を取り上げましたが、血統以外に強調出来るところも無く、他の馬もまとまってはいますが、ピリッとすり様なところも無く・・・。

 

人気は割れそうな感じなので、コスモカレンドゥラ の単勝でもイイかもしれませんね。

5.0倍ぐらいついてくれませんかね (笑)

 

果たして、結果はどうなるでしょうか?

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。