競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】京王杯2歳S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

11月 3日 (土)

東京11R   京王杯2歳テークス

2歳オープン   馬齢   芝1400m   出走 8頭

ペース予想 : S~Mペース

  ファンタジスト 牡2 55 武豊
 ② メイショウオニテ 牡2 55 秋山真一
 ③ ココフィーユ 牝2 54 戸崎圭太
 ④ シングルアップ 牡2 55 松山弘平
 ⑤ アウィルアウェイ 牝2 54 M.デムーロ
 ⑥ カルリーノ 牡2 55 三浦皇成
 ⑦ アスターペガサス 牡2 55 福永祐一
 ⑧ ラバストーン 牡2 55 江田照男

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20181102104239j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑤アウィルアウェイ としました。

ジャスタウェイ 産駒の2歳牝馬です。

 

《今週の狙い馬》で取り上げた⑦アスターペガサス がチョット微妙な感じなので、繰り上がりで本馬を本命としました。

 

今回もほぼ出遅れ、後方からの競馬になるだろうと思われますが、その末脚はやはり脅威ですね。

スタートの遅れを補って余りあります。

 

阪神のデビュー戦が、軽く仕掛けられて34秒0、新潟のオープン ダリア賞が、コチラも軽く仕掛けられるだけで、33秒4の末脚を披露しています。

どちらも直線半ばで先頭に立ってからは、騎乗が抑えてのモノなので、本気でビシッと追えば、どれくらいの末脚が使えるのでしょうか?

ペースにもよりますが、直線の長い東京コースならば、33秒台は確実でしょう。

Sペースであれば、32秒台もあるかもしれません。

 

今回、どの馬がハナに立つのか予想が難しく、展開がハッキリ読めませんが、前走スプリント戦からの馬が多い事を考えるとMペースぐらいでしょうか。

 

新馬戦・ダリア賞ともにSペースでの勝利となりましたが、今回ペースが流れる様なら、自慢の末脚が更に引き立つ可能性が高いと考えます。

少頭数8頭のレースであれば、進路に困る事もないでしょう。

直線大外から、1頭脚色の違う末脚で飛んで来ると予想します。

 

前走ダリア賞から3ヶ月の休養明けとなりますが、デビュー戦の楽勝っぷりを見ると、初戦から動けるタイプでしょう。

マイナスの必要はないと思われます。

 

また追い切りの方も、栗東坂路で一杯に追われる古馬相手に馬なりで追走先着を果たしています。

至極順調と言えるでしょう。

 

騎乗もM.デムーロ騎手の継続騎乗なら、勝ち負けになると思われます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181102104441j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・①ファンタジスト です。

ロードカナロア 産駒の2歳牡馬です。

 

イイ枠を引きましたね。

ココなら迷わず先行の手でしょう。

④シングルアップ を行かせての2・3番手でしょうか。

血統的に1400m の距離に不安が残るので、内ラチぴったりの経済コースで、直線だけ外に出すという感じになりそうです。

 

今回、前走の小倉2歳S (GⅢ) から2ヶ月と、チョット間隔は開きましたが、追い切りも栗東坂路で2週続けて一杯に追われラスト1F11秒台と、順調そのものですね。

 

外に張ってぎこちなかった前走のコーナーワークから見ると、スムーズだった初戦同様の左回りの東京コースに替わるのも良さそうですね。

 

直線馬なりで先頭に立ち、後方から伸びて来るであろう⑤アウィルアウェイ を待っての仕掛けになると思われます。

 

名手 武豊騎手の手綱捌きに期待です。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181103023025j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・④シングルアップ とします。

キンシャサノキセキ 産駒の2歳牡馬です。

 

3戦2勝のフェニックス賞の勝馬ですが、キャリア3戦でベストパフォーマンスは、初戦の阪神1400m のデビュー戦でしょう。

後にオープンのすずらん賞を勝つ ハッピーアワー に1 3/4馬身差を付け、1分21秒8の好タイムで勝利しました。

 

続く2戦目・3戦目と1200m を使われましたが、520kg を超える雄大な馬体を誇り、ストライドの大きい本馬に、小回りコースのスプリント戦はチョット窮屈な感じでしたね。

2戦目のフェニックス賞は素質で勝ちましたが、3戦目の小倉2歳S (GⅢ) は良いトコロが見られず、6着と敗れました。

 

今回、伸び伸びと走れる広くて直線の長い東京コース替わりは、間違いなくプラスとなるでしょう。

距離も1400m の方が確実に向いています。

 

スタート次第ですが、本馬がハナに立ってペースを握る可能性が高いと思われます。

本馬がハナに立てば、溜めてキレるタイプではないだけに、速めのペースに持ち込み直線は持久力勝負となるでしょう。

好タイム勝ちの初戦を見直す必要があると思います。

 

 

この3頭の勝負と考えます。

《今週の狙い馬》で取り上げた⑦アスターペガサス は最終追い切りが?の内容となりました。

改修の影響で時計の掛かる馬場ではありましたが、栗東坂路で一杯に追われ、ラスト1F14秒0は頂けませんね。

東京の長い直線・200m の距離延長で、この動きでは直線失速が思い浮かびます。

能力的に怖い馬には違いありませんが、ココは思い切って『消し』としました。

 

馬券の方は、⑤アウィルアウェイ から①ファンタジスト④シングルアップ への馬単2点で勝負したいと思います!

 

 

 

【買い目】
馬単 ⑤→① 2000円
馬単 ⑤→④ 1000円
 
合計 3000円

自信度【 B

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】土曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。