競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【勝負レース回顧】萩S!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 をお届けします!

 

 

 

10月27日 (土)

京都 9R   萩ステークス

2歳オープン   別定   芝1800m   出走 8頭   馬場 : 良f:id:TAKOICHI:20181027182011j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

1着  ① サートゥルナーリア M.デムーロ 1.49.6
2着  ⑦ ジャミールフエルテ C.ルメール 1 3/4
3着  ③ セグレドスペリオル 池添謙一 2 1/2
4着  ④ クオンタムシフト 和田竜二 クビ
5着  ⑨ アカネサス 幸英明 3/4


予想はコチラ

 

本命  ③ブレイキングドーン    結果  : 競争除外!

 

返し馬の際に騎乗を振り落とし、放馬してしまいました・・・。

行ったり来たりを繰り返し、かなりの距離を走ってしまいましたね。

2400m ぐらい走ったんじゃないでしょうか (笑)

疲労が著しく競争除外となってしまいました。

 

一方、勝馬の①サートゥルナーリア は順当勝ちでしたね。

道中は、引っ張り切りの手応えで先団直後を追走し、直線入口で軽く促されると、馬なりのまま出走メンバー最速の上がりで、後続を突き放してしまいました。

圧倒的1番人気 単勝1.2倍に見合う強い内容でした。

 

もう一度同じメンバーでレースをしても、勝馬は本馬になるでしょう。

③ブレイキングドーン が無事出走していても、結果は変わらなかったと思われます。

 

クラシック候補で間違いないでしょう。

 

 

では、レース回顧です。

 

⑤アカネサス がハナに立ちました。

2番手に⑥ルモンド 、3番手に①サートゥルナーリア 、4番手に⑦セグレドスペリオル 、5番手に④クオンタムシフト の隊列となりました。

 

あと人気どころでは、②ジャミールフエルテ は6番手からの競馬となりました。

 

少頭数7頭の競馬としてはやや速めの、800m 通過48秒8のSペースで、⑤アカネサス がレースを引っ張ります。

 

3~4コーナーで、先頭の⑤アカネサス が半馬身のリード、2番手に⑥ルモンド 、3番手は半馬身後方の外に⑦セグレドスペリオル 、内ラチピッタリの4番手に①サートゥルナーリア の隊列は変わらず、各馬一団で直線へ向かいます。

 

直線に向いて、仕掛けられた先頭の⑤アカネサス がリードを拡げ2馬身のリード、2番手の⑥ルモンド がコレを追い、3番手の⑦セグレドスペリオル が馬場中央から差を詰めますが、開いた内を突いた①サートゥルナーリア が馬なりの手応えで、これらを交わす勢いで一気に伸び、後を追って内を突いた②ジャミールフエルテ も勢い良く脚を伸ばします。

 

残り200m 地点で、馬なりで先頭に立った①サートゥルナーリア が楽勝の手応え、焦点はコレを追う②ジャミールフエルテ と外から伸びる⑦セグレドスペリオル の2着争いとなります。

 

結局、力の違いを見せ付けた①サートゥルナーリア が1着でゴール、1 3/4馬身差の2着に②ジャミールフエルテ 、3着に馬場中央から伸びた⑦セグレドスペリオル の着順となりました。

 

 

馬券的には、

 

③ブレイキングドーン は競争除外となり、全額返還となりました (笑)

 

もし、仮に③ブレイキングドーン が無事出走していても、今日の①サートゥルナーリア の強さから考えると、1着はなかったでしょう。

2着がどうかとなると微妙なところですね。

3着の⑦セグレドスペリオル よりは能力は上でしょうから、2着の②ジャミールフエルテ との比較になりますが、正直五分五分という感じでしょうか。

 

まぁ負けなかっただけ、良しとしましょう (笑)

 

 

  

【買い目】
馬連 ①-③ 3000円 返還
 
回収 3000円  

 

以上、タコイチの【勝負レース回顧】土曜日版 でした!

 

10月度 勝負成績
勝負レース 3勝4敗1分
本命馬成績 5-0-0-2
投資金額 30000円
回収金額 39100円
収支 +9100円
回収率 130.3%

 

2018年度 勝負成績
勝負レース      25勝41敗2分
本命馬成績 25-15-8-19
投資金額 279000円
回収金額 339300円
収支 +60300円
回収率 121.6%


では次回は、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。