競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

10月21日 (日)

東京10R   甲斐路ステークス

3歳上1600万   定量   芝2000m   登録 9頭f:id:TAKOICHI:20181015073105j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  ドミナートゥス

通算  3-3-0-0  北村友一  騎乗予定

 

前走 宮崎特別(1000) 小倉 (芝)2000m 2.00.7 1着
2走前 3歳上500万 阪神 (芝)1800m 1.46.7 1着
3走前 夏木立賞(500) 東京 (芝)2000m 1.59.1 2着
4走前 福寿草特別(500) 京都 (芝)2000m 2.02.4 2着
5走前 2歳未勝利 京都 (芝)2000m 2.03.0 1着

 

 

6戦3勝の ルーラーシップ 産駒の3歳牡馬です。

前走の小倉1000万 宮崎特別に引き続き《今週の狙い馬》としました。

 

3・4番手で先行し、33秒台の上がりを使える本馬には、Sペースの決め脚勝負になる事が多い、東京1800m はピッタリですね。

今回も登録9頭という事で、Sペース濃厚でしょう。

今回のメンバーであれば、2・3番手の競馬となりそうです。

 

短距離で活躍した デグラーティア の産駒という事で、もうチョット短い距離の方が良さそうな気はしますが、前走より200m 短縮になっただけでも、プラスに働くのではないかと考えます。

 

実際に2走前の1800m の500万戦では、2着馬の粘りに手を焼きましたが、先行4番手追走から出走メンバー最速の上がり3F33秒2で、3着以下を3馬身突き放しています。

前走よりも、戦いやすい舞台になるのは間違いないと思われます。

 

東京コースの成績は、500万の夏木立賞でセントライト記念 (GⅡ) 2着の レイエンダ には軽く捻られましたが、3着以下には2馬身差を付ける2着があります。

脚質的にも得意にしているコースと言えると思います。

 

勝つ時も負ける時も常に僅差ですが、通算成績 [3-3-0-0] と、決して崩れません。

常に全力を出し切るタイプだと思われます。

 

馬券の軸には最適ではないでしょうか。

 

 

相手候補としては、

 

レッドローゼス

 

 

16戦4勝の ステイゴールド 産駒の4歳牡馬です。

 

HTB賞の予想時にも取り上げましたが、本馬は力の要する馬場を得意とするパワータイプなので、軽い芝の東京コースはチョットどうかな?という感じですね。

 

実際、東京コースは [1-1-1-2] と、通算 [4-5-4-3] から考えると、割引が必要な感じです。

かといって大きく崩れる訳でもありません。

崩れはしませんが、勝ち切れない確率が高くなるといった感じでしょうか。

 

得意の中山開催の前走 レインボーSで勝っておきたかったところでしたが、Sペースの後方から直線大外では、この馬の良い所がまったく見られませんでした。

 

今回、得意ではないと思われる東京コースの末脚勝負が濃厚ですが、ドミナートゥス 以外の登録メンバーと比較すると、やはりハズせないですね。

キレキレの脚を使えないので、Sペース濃厚の今回は勝ち切るのは難しいと思いますが、このメンバーなら2着はあると思います。

 

能力的には、重賞戦線で活躍している サーブルオール ・エアアンセム と接戦するだけの力があります。

押さえには必要でしょう。

 

 

こんな感じでしょうか。

登録馬9頭と、土曜日のアイビーS同様、少頭数のレースになりそうですね。

ココは単純に、Sペースの先団追走から抜け出す ドミナートゥス に、中団から襲い掛かる レッドローゼス と想定しました。

 

果たして、結果はどうなるでしょうか?

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの[先週の注目馬]をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。