競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【地方競馬回顧】Lプレリュード!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【地方競馬回顧】をお届けします!

 

 

 

10月11日 (木)

大井11R   レディスプレリュード   JpnⅡ

3歳上オープン   別定   牝馬   ダ1800m   出走14頭   馬場 : 良f:id:TAKOICHI:20181011233319j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

1着  ⑨ プリンシアコメータ J.モレイラ 1.53.9
2着  ⑫ ブランシェクール 𠮷原寛人 アタマ
3着  ⑦ アルテマウェポン 真島大輔 1 1/2
4着  ⑥ アンジュデジール 横山典弘 2 1/2
5着  ① ワンミリオンス 福永祐一 1/2

 

予想はコチラ

 

本命  ⑭クイーンマンボ    結果  : 7着! 

 

散々な結果となりました (涙)

圧倒的1番人気 単勝1.7倍を背負って、この結果は頂けないですね。

まったくらしさがありませんでした。

 

通常のスタートを切りましたが、大外枠という事で中団9番手からと、いつもより後ろのポジショニングとなりました。

道中の手応えの方もイマイチで、向こう正面で騎手の思惑通りに進まず、ポジションを上げる事が出来ませんでした。

 

3コーナー手前でペースが速くなりましたが、これにも対応する事が出来ずに、騎乗の手が盛んに動きます。

4コーナー手前で既にムチが入れられましたが、無駄な抵抗となり、直線はただ流れ込んだだけの、7着惨敗となりました。

出遅れて最後方からとなる不利のあった⑥アンジュデジール にも交わされました。

ただただ中団を追走し、ただただ中団でゴールした、まったく見所のないレース内容でした。

 

堅実だった馬が、得意な条件が揃ったと思われる舞台で崩れてしまいました。

まだ4歳と衰える歳ではないと思われるので、これは明らかに仕上がり途上でしたね。

レースに出す様な仕上がりではなかったと思われます。

もしくは調整ミスでしょう。

 

ただでさえ、情報の少ない地方競馬ですから、この辺をなんとかして貰いたいですね。

地方競馬の関係者の方には申し訳ないですが、JRA所属馬が簡単に地方馬に負ける様なレースは、馬券を買う気にはならないですね (怒)

 

 

では、レース回顧です。

 

②ニシノラピート がハナに立ちました。

 

2番手に④ディアマルコ 、3番手に⑨プリンシアコメータ 、4番手に⑪リエノテソーロ 、5番手に⑬ブランシェクール の隊列となりました。

 

あと人気どころでは、①ワンミリオンス は6番手から、⑭クイーンマンボ は9番手から、⑥アンジュデジール はスタートで出遅れ、最後方からの競馬となりました。

 

向こう正面の中間で、出遅れた⑥アンジュデジール が徐々にリカバリーし、中団付近ま上がって来ます。

⑭クイーンマンボ は反応が悪く、騎乗の意に反してポジションを上げる事が出来ません。

 

3~4コーナーで、先頭は②ニシノラピート で1馬身のリード、2番手の④ディアマルコ は脱落し、替わって3番手から⑨プリンシアコメータ が上がり、先頭の②ニシノラピート に外から並び掛けます。

2馬身後方の3番手に⑬ブランシェクール が上がり、各馬直線を迎えます。

 

直線に入り、⑨プリンシアコメータ が一気に先頭へ。

2馬身後方から⑬ブランシェクール がコレを追い、後続を離します。

離された3番手には、道中後方の内を追走していた⑦アルテマウェポン がコーナーで内を突き、鋭い脚で上がって来ます。

 

残り200m 地点で、勝負は粘る⑨プリンシアコメータ とコレを追う⑬ブランシェクール に絞られます。

離れた3番手の⑦アルテマウェポン も後続を離し、コレは3着濃厚となります。

 

残り100m 地点で、一歩ずつ⑨プリンシアコメータ との差を詰める⑬ブランシェクール ですが、ゴール直前で脚色が同じになり、そのままゴールへ。

 

1着に⑨プリンシアコメータ 、アタマ差の2着に⑫ブランシェクール 、1 1/2馬身差の3着に⑦アルテマウェポン の着順となりました。

 

出遅れた⑥アンジュデジール は、よく追い上げるも4着が精一杯、圧倒的1番人気の⑭クイーンマンボ は終始見所無く、7着と馬群に沈みました。

 

 

馬券的には、

 

向こう正面で、⑭クイーンマンボ の手応えがちょっと怪しいなとは思いましたが、4コーナーで確信に変わってしまいました。

直線では伸びも無く馬群に沈み、7着という不甲斐ない着順となりました。

 

馬券の方は、3連単の⑭クイーンマンボ1着固定だったのでカスリもせず、大井の直線がやけに長く感じられました (涙)

 

しかし何なんでしょうね?

⑭クイーンマンボ の負けっぷりは。

地方馬に混じっての7着ですから、これが中央のレースであれば、ほぼどん尻でしょう。

 

当レースが来月のJBCLクラシック (JpnⅠ) の前哨戦という立ち位置は理解しますが、それにしてもヒドイ負けっぷりでした。

 

人気を背負うであろう馬に、この仕上がり具合で出走をGOさせた、厩舎サイドのセンスを疑います・・・。

 

 

 

【買い目】
3連単 ⑭→⑥→⑨ 2000円 ハズレ
3連単 ⑭→⑨→⑥ 2000円 ハズレ
3連単 ⑭→⑥→① 500円 ハズレ
3連単 ⑭→⑥→⑪ 500円 ハズレ
 
回収 0円 -5000円

 

以上、タコイチの【地方競馬回顧】でした!

 

10月度 勝負成績
地方競馬 1勝2敗
本命馬成績 1-0-0-2
投資金額 15000円
回収金額 14500円
収支 -500円
回収率 96.6%

 

2018年度 勝負成績
地方競馬      1勝8敗
本命馬成績 3-1-3-2
投資金額 40000円
回収金額 14500円
収支 -25500円
回収率 36.2%

 

では次回は、今週末に行われる秋華賞 (GⅠ) に向けて、タコイチの『3歳牝馬クラシック番付』秋華賞編 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。