競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の地方競馬】Lプレリュード!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の地方競馬】をお届けします!

 

 

 

10月11日 (木)

大井11R   レディスプレリュード   JpnⅡ

3歳上オープン   別定   牝馬   ダ1800m   出走14頭

ペース予想 : Mペース

  ワンミリオンス 牝5 56 福永祐一
 ② ニシノラピート 牝7 55 的場文男
 ③ エースウィズ 牝4 55 赤岡修次
 ④ ディアマルコ 牝5 55 佐原秀泰
 ⑤ ジュエルクイーン 牝6 55 五十嵐冬樹
 ⑥ アンジュデジール 牝4 56 横山典弘
 ⑦ アルテマウェポン 牝5 55 真島大輔
 ⑧ ステップオブダンス 牝4 55 森泰斗
 ⑨ プリンシアコメータ 牝5 55 J.モレイラ
 ⑩ ラインハート 牝7 55 笹川翼
 ⑪ リエノテソーロ 牝4 55 吉田隼人
 ⑫ ブランシェクール 牝5 55 𠮷原寛人
 ⑬ ユッコ 牝6 55 高松亮
 ⑭ クイーンマンボ 牝4 56 C.ルメール

 

 


f:id:TAKOICHI:20181010230923j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑭クイーンマンボ です。

11戦4勝の マンハッタンカフェ 産駒の4歳牝馬です。

 

前走のブリーダーズGC (JpnⅢ) は、 勝馬の ラビットラン から7馬身離された3着と敗れました。

3ヶ月の休養明けと、あまり得意ではないと思われる不良馬場の影響だと思われます。

 

今回、前走を叩いての2戦目となり、馬場の方も得意のパワーを要する良馬場が見込まれます。

 

また、大井の1800m というコースは、昨年の当レースで ホワイトフーガ や、今年も出走の⑥アンジュデジール を8馬身ぶっち切った相性の良いコースです。

 

その勝利以降は3戦勝利なしと、足踏みが続いていますが、前走は3ヶ月の休養明けと不良馬場、2走前は中央の牡馬相手、3走前は6ヶ月の休養明けに敗因を求めるなら、目をつぶれる範囲ではないでしょうか。

 

本馬は、揉まれずに追走する方が良いのか、2桁馬番に入った時の成績は3戦3圧勝で、昨年の関東オークス (JpnⅡ) と、前述した昨年の当レースをちぎっています。

 

今回は、②ニシノラピート⑨プリンシアコメータ を行かせて、⑥アンジュデジール と前後する3・4番手のポジショニングでしょうか。

 

圧勝した昨年の当レースに似た条件になってきました。

かなりの確率で勝ち負けになると思います。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181010231124j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑥アンジュデジール です。

15戦5勝の ディープインパクト 産駒の4歳牝馬です。

 

今年は一皮剥けた印象がありますね。

3走前のエンプレス杯 (JpnⅡ) では、今回出走の①ワンミリオンス⑨プリンシアコメータ を、2走前のマリーンC (JpnⅢ) では⑭クイーンマンボ を破って勝利しています。

牝馬には先着を許していません。

 

4ヶ月の休養明けの1戦となった前走のエルムS (GⅢ) では、中央の牡馬相手に5着と好走しました。

着実に力を付けている感じですね。

今回、叩き2戦目となり上積みも見られるでしょう。

 

右回りの成績がイマイチなのは否めませんが、3ヶ月の休養明けで3着だった昨年よりは、臨戦過程は順調です。

 

再度の牝馬限定戦で、おそらくベストと思われる1800m であれば、上位は必至だと思われます。

 

 


f:id:TAKOICHI:20181010233348j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑨プリンシアコメータ です。

22戦5勝の スパイキュール 産駒の5歳牝馬です。

 

前走のブリーダーズGCは、3ヶ月の休養明けの1戦となりましたが、果敢にハナを奪い不良馬場を味方につけ2着と好走しました。

 

勝馬の ラビットラン には離されましたが、今回の有力馬である⑭クイーンマンボ には3馬身の差を付けました。

 

やはり行ってこその馬ですね。

地方交流重賞では、4コーナー2番手以内 [1-3-0-0] に対し、3番手以下は [0-0-0-1] ですから、行かないと能力を発揮出来ないタイプの様です。

 

今回②番枠という好枠を引いた②ニシノラピート との兼ね合いになりますが、どちらがハナを切るにせよ、4コーナー先頭は本馬になるでしょう。

 

1800m の距離もベストと思われ、昨年の船橋でのクイーン賞 (JpnⅢ) 圧勝に、直線で寄られる大きな不利がありながらも粘り通した、当コースでのJBCLクラシック (JpnⅠ) 2着があります。

 

騎乗の方も、先週の毎日王冠 (GⅡ) で アエロリット を絶妙なペースでエスコートした『マジックマン』J.モレイラ騎手です。

さらに期待は大きくなりますね。

 

良馬場の直線の長い大井コースで、どれだけ粘れるでしょうか。

 

 

以上の3頭の勝負ではないでしょうか。

というか、普通に予想するとこの3頭になりますよね (笑)

 

やはり実績と条件を考えれば、⑭クイーンマンボ が1歩リードでしょうか。

逆に、この条件の今回で落としてしまう様だと、今後の牝馬の交流重賞が読めなくなってしまいますね。

ココは是非頑張って勝って貰いましょう (笑)

 

相手の2頭は甲乙つけ難いですね。

今年の順調度で⑥アンジュデジール を上位と想定しました。

騎乗強化の⑨プリンシアコメータ との差は小さいと思います。

 

馬券の方は、⑭クイーンマンボ 1着固定の、⑥アンジュデジール⑨プリンシアコメータ への3連単2点を軸に、⑨プリンシアコメータ が直線で力尽き圏外になってしまった場合の保険で、3着に①ワンミリオンス⑪リエノテソーロ を加えた3連単4点で勝負します!

 

 

 

【買い目】
3連単 ⑭→⑥→⑨ 2000円
3連単 ⑭→⑨→⑥ 2000円
3連単 ⑭→⑥→① 500円
3連単 ⑭→⑥→⑪ 500円
     
合計 5000円

自信度【 B 】

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の地方競馬】でした!

 

では次回は、タコイチの【地方競馬回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。