競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まず1頭目は・・・

 

 

10月13日 (土)

東京 9R   プラタナス賞

2歳500万   馬齢   ダート1600m   登録10頭f:id:TAKOICHI:20181009005233j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  ダイシンインディー

通算  1-0-0-1  M.デムーロ  騎乗予定

 

前走 2歳未勝利 中山 (ダ)1800m 1.53.8 1着
2走前 2歳新馬 新潟 (芝)2000m 2.03.7 7着

 

2戦1勝の ゴールドアリュール 産駒の2歳牡馬です。

 

芝のデビュー戦は、先行するも粘りを欠き7着と敗れましたが、ダートに矛先を替えた前走の中山ダート1800m の未勝利戦で一変しました。

 

スタートで楽にハナを奪うと、淡々とした速いペースに持ち込み、道中は後続に脚を溜めさせず、直線では出走メンバー最速の末脚で突き放し、2着に7馬身差を付けて圧勝しました。

3着以下は、さらにそこから9馬身も離されました。

 

勝ちタイムも優秀で、いくら時計の出やすい馬場 (発表は良馬場) だったとはいえ、中山の1800m で1分53秒8は、破格のタイムと言って良いと思われます。

 

今回、東京1600m と200m の距離短縮となりますが、前走の内容を見る限りは問題ないでしょう。

再びハナに立ち、レースを引っ張る可能性が高いと考えます。

 

ハナにさえ立ってしまえば、前走で見せたスピードと持久力で、再度の押し切りが濃厚でしょう。

 

ココは通過点と考えます。

 

 

相手候補としては、

 

カルヴィハーラ

1戦1勝の ゴールドアリュール 産駒の2歳牡馬です。

 

こちらも中山ダート1800m のデビュー戦が圧巻の内容でしたね。

スタートで多少出遅れましたが、慌てずに中団を追走しました。

3コーナーで外から進出を開始すると、直線半ばで先頭に立ち、そこから出走メンバー最速の末脚で、後続を5馬身突き放しました。

 

勝ちタイムの1分55秒2も水準以上のタイムで、500万でも即通用の器だと思われます。

 

今回、東京の1600m となりますが、エンジンの掛かりがチョット遅いように思われるので、その辺りが200m の距離短縮でどう出るかでしょう。

エンジンが掛かってしまえば、前走同様に鋭い末脚を使うと思われるので、上位に喰い込む可能性は高いと考えます。

 

 

こんな感じでしょうか。

登録馬10頭と少頭数のレースになりそうですね。

 

速いペースで後続を突き放しにかかる ダイシンインディー に、外から差を詰めようとする カルヴィハーラ の戦いになると考えます。

ココは上記の2頭で堅いのではないでしょうか。

 

果たして結果はどうなるでしょうか?

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。