競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの[先週の注目馬]ミスティックグロウ!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。


それでは、タコイチの[先週の注目馬]をお届けします!


先週の注目馬は・・・

 

 

8月11日 (土)

新潟 8R   3歳以上500万

3歳以上500万以下   定量   芝2000m   出走10頭   馬場 : 良f:id:TAKOICHI:20180815023357j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト


1着 : ミスティックグロウ     1.59.6

父 : オルフェーヴル     母 : ミスティックリップス     牡3歳

 

前走 3歳上500万 新潟 (芝)2000m 1.59.6 1着
2走前 3歳未勝利 東京 (芝)2000m 2.00.3 1着

 

素晴らしい末脚でしたね。

次位の上がりを0.7秒上回る32秒4の末脚で、ほぼ最後方から真一文字に駆け抜け、2着馬を3馬身突き放しました。

レースラップが1番速くなったラスト2F目には、本馬は恐らく10秒を切るラップを叩き出していると思われます。

 

勝ちタイムの方はSペースという事で、特筆すべき程のモノではありませんが、僅か2戦のキャリアで初戦は33秒0、2戦目は32秒4の末脚で一閃する能力にはただただ驚くばかりです。

 

この勝利で2戦2勝となりましたが、次走も直線の長いコースであれば、勝ち負け必至でしょう。

 

 

レース内容は? 

 

初戦同様にスタートで出遅れ、後方からのレースとなりました。

 

前半1000m 通過62秒3の落ち着いた流れの中を、出遅れながらも慌てずに後方の外でジックリと脚を貯め、長い直線勝負に備えます。

 

直線では外目の先団の後ろでタイミングを窺います。

残り400m 地点で、進路を外に変更し追い出しを開始します。

 

騎乗からムチが入りGOサインが出ると瞬時にギアチェンジし、一気の末脚で前を捉え、並ぶ間もなく突き放します。

Sペースの上がり勝負で、各馬が速い上がりを使うなか、残り200m 地点ぐらいから一気に差し切って勝負を決めました。

 

終わってみれば、2着に3馬身差をつける楽勝で、力の違いを見せつける1戦でした。

まさに舌を巻く強さでした。

 

 

血統背景は?

 

ミスティックリップス は2007年の独オークスの勝馬で、その母に オルフェーヴル を交配して本馬の誕生となりました。

 

血統的には、パワーとスタミナに秀でた感じで、これだけの鋭い末脚を使える要因がイマイチ良くわかりません (笑)

 

血統からは、中山・阪神の様な力の必要とされるコースで、尚且つ高速馬場よりも時計の掛かるタフな馬場の方が得意な感じはするのですが・・・。

 

仮に私の考えが正しいとして、得意ではない状況でコレだけのパフォーマンスを見せているとするなら、とんでもない怪物の可能性もありますね。

 

次走、長い直線のコースであれば、勝ち負け必至と書きましたが、逆に直線の短いパワーを必要とされるコースで本馬の本質を確かめて見たいです。

 

次走、ドコに出てくるかドキドキさせる1頭です。

 

 

 

以上、タコイチの[先週の注目馬]でした!

 

では次回は、明後日木曜日に門別競馬場で行われる交流重賞ブリーダーズGC (JpnⅢ) を予想する  タコイチの【今週の地方競馬】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。