競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

8月19日 (日)

札幌 9R   クローバー賞

2歳オープン   別定   芝1500m   登録15頭f:id:TAKOICHI:20180813133956j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  アドレ

通算  1-0-0-0  横山典弘  騎乗予定

 

前走 2歳新馬 札幌 (芝)1200m 1.10.3 1着

 

1戦1勝の ヒルノダムール 産駒の2歳牝馬です。

 

前走デビュー戦が、なかなかインパクトのある内容でした。

控えて後方からのレースとなりましたが、3~4コーナーで内から差を詰め、直線は外に進路を変更し仕掛けられると、ムチ1発でサッと反応して悠々と前を交わし、ゴール前は抑える余裕も見せました。

 

駆使した上がりはメンバー最速の34秒4で、次位とは1秒0の差の末脚を披露しました。

 

コレで余裕残しですから、2走目の慣れを含めて考えると、ココでも上位の能力だと考えます。

 

今回300m の距離延長となりますが、前走のレース振りと、ヒルノダムール 産駒という事から考えると、プラスに出る可能性が高いですね。

 

また中1週という出走間隔が心配されますが、前走の内容が余裕残しで、強めの調教の様な感じだったので、回復は早いでしょう。

逆に札幌滞在で輸送のリスクが無い事の方が、プラスになると思われます。

 

まず連対圏は堅いんじゃないでしょうか。

 

 

相手候補としては、

 

ウインゼノビア

2戦1勝の スクリーンヒーロー 産駒の2歳牝馬です。

 

初戦は、5番手追走からメンバー最速の末脚で差し込むも、Sペースの逃げ馬を捉え切れず、2着と敗れましたが、続く未勝利戦ではMペースを2番手追走からメンバー3位の脚で後続を突き放し、2着に3馬身差を付けて快勝しました。

 

今回、洋芝の札幌コースとなりますが、父の代表産駒の モーリスゴールドアクター が、札幌・函館コースを得意にしている事から、マイナスの必要なさそうです。

 

登録メンバーは短距離で勝ち上がってきた馬ばかりで、1500m の距離は手探りの状況になるでしょう。

1600m を勝ち上がって来た本馬には、その心配がありません。

他馬を尻目に強気の先行策で前走の再現を狙います。

ある程度前の位置に付け、そこから突き放すスタイルなので、札幌コースはピッタリですね。

 

アカネサス

1戦1勝の ロードカナロア 産駒の2歳牝馬です。

 

デビュー前の追い切りで、栗東坂路51秒8という2歳馬離れしたタイムで併走した サングレーザー を子供扱いし、圧倒的1番人気に支持されました。

 

そのデビュー戦は、素晴らしい追い切りとは逆に、危なっかしい勝利となりましたが、直線で進路を失った事を考えると、及第点というトコロでしょうか。

 

前が開いた残り100m 地点からは鋭い脚を使いましたが、それまでの手応えと反応はイマイチな感じでした。

2戦目の慣れが見込める今回は、その辺りが解消されれば、ココでも好勝負となるでしょう。

 

スピードとパワーを兼備している ロードカナロア 産駒なので、洋芝の札幌コースは問題ないと思われます。

 

M.デムーロ騎手の継続騎乗で上位を狙います。

 

 

こんな感じでしょうか。

 

新馬戦・未勝利戦を快勝した牝馬3頭の戦いと見立てました。

アドレ を軸にした馬連勝負を予定しています。

 

果たして結果はどうなるでしょうか?

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの[先週の注目馬]をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。