競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】レパードS!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

8月5日 (日)

新潟11R   レパードステークス   GⅢ

3歳オープン   馬齢   ダート1800m   出走15頭

ペース予想 : Mペース

  バクハツ 牡3 56 小崎綾也
 ② アルクトス 牡3 56 田辺裕信
 ③ イダペガサス 牡3 56 三浦皇成
 ④ ドンフォルティス 牡3 56 石橋脩
 ⑤ アドマイヤビクター 牡3 56 戸崎圭太
 ⑥ グリム 牡3 56 内田博幸
 ⑦ オノリス 牡3 56 北村宏司
 ⑧ プロスパラスデイズ 牡3 56 太宰啓介
 ⑨ エングローザー 牡3 56 田中勝春
 ⑩ フロリアヌス 牡3 56 西田雄二
 ⑪ ビッグスモーキー 牡3 56 大野拓弥
 ⑫ クレディブル 牡3 56 江田照男
 ⑬ ミックベンハー 牡3 56 木幡巧也
 ⑭ グレートタイム 牡3 56 C.ルメール
 ⑮ ヒラボクラターシュ 牡3 56 福永祐一

 

 

新潟のダートコースという事で、基本的に前有利です。

過去5年の成績を見ても、逃げ馬が2着4回と圧倒的に前有利の傾向が見えてきます。

その辺を踏まえて【今週の狙い馬】からチョット予想を変えてみました。

 

 


f:id:TAKOICHI:20180804155515j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑥グリム としました。

ゼンノロブロイ 産駒の3歳牡馬です。

 

現在5番人気で単勝9.1倍です。

ソコソコ人気になっていますね。

 

本馬はスムーズに先行してナンボの馬です。

前走のユニコーンS (GⅢ) は直線の不利の影響が大きかったとされていますが、不利の前にポジショニングのミスではないか考えています。

スムーズに先行してナンボの馬が、不利を受ける可能性のある、包まれたポジションにいる事自体が失敗だったと思います。

多少無理をしても、もう1列前で競馬すべきだったのではないでしょうか。

 

スムーズに先行した場合の強さは際立っています。

3走前の500万では、昨日の札幌7Rで5ヶ月半の休養明けをブッちぎった素質馬 コパノキッキンク とのマッチレースに楽勝し、2走前の青竜Sでは、JDD (JpnⅠ)2着の オメガパフューム 、ヒヤシンスS勝ちの スマハマ を破っています。

 

多少無理をしても、包まれない位置で先行すれば、かなり高いパフォーマンスを見せ付けます。

 

今回、前走とさほど変わらない⑥番枠となりましたが、今回は大外から⑮ヒラボクラターシュ を行かせての2番手と想定します。

 

過去5年で逃げ馬が2着4回と、圧倒的に前有利なコースで、流れも速くなる事が予想されますが、1400m でも2番手に付ける先行力があるので、今回の1800m なら容易く先行可能でしょう。

 

先行してしまえば、起伏の少ない短い直線が残るだけです。

東京の青竜Sでは、直線で手応えは見劣りましたが、有力馬の追撃を振り切り4着以外には5馬身以上の差を付けました。

気分良く行ければ、かなりの粘りも見せます。

 

追い切りの方も、

栗東CW

82.1-66.0-52.0-38.5-11.8    一杯

と順調そのものです。

 

スピードもスタミナも脚質も新潟ダートコースにピッタリです。

前走の大敗で人気も落ち、狙いドコロではないでしょうか。

 

 

以上の1頭で勝負します!

今回は⑥グリム の複勝1点で連敗ストップを狙います (笑)

 

さぁ、結果はどうなるでしょうか?

 

 

 

【買い目】
複勝 5000円
 
合計 5000円

自信度【 A

 


(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。