競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

8月5日 (日)

新潟11R   レパードステークス   GⅢ

3歳オープン   馬齢   ダ1800m   登録22頭f:id:TAKOICHI:20180802100236j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  アルクトス

通算  3-1-0-2  田辺裕信  騎乗予定

 

前走 猪苗代特別(1000) 福島 (ダ)1700m 1.45.7 1着
2走前 3歳上500万 東京 (ダ)1600m 1.36.6 1着
3走前 3歳500万 東京 (芝)1600m 1.35.8 9着
4走前 3歳500万 中山 (ダ)1800m 1.57.4 8着
5走前 3歳未勝利 東京 (ダ)1600m 1.37.4 1着


6戦3勝の アドマイヤオーラ 産駒の3歳牡馬です。

 

通算成績は [3-1-0-2] ですが、芝で大敗の1戦と、初の右回り中山で、強引に逃げて脚の上がった4走前の500万戦を除けば、ほぼパーフェクトの成績となります。

 

前走1000万の猪苗代特別で同レパードS (GⅢ) に登録している イダペガサス とのマッチレースを制し3勝目を挙げました。

 

本馬の魅力は、何と言ってもその先行力ですね。

ダート戦では常に道中5番手以内で先行し、直線入口で先頭に並び掛ける機動力を持っています。

先行有利の新潟ダートコースでは、この機動力が活きてくると考えます。

 

その機動力を武器に前走1000万を楽勝しました。

『古馬混合の1000万を勝つ3歳馬は3歳限定重賞で買い』と良く言われます。

本馬は楽勝でしたから、絶対買わないといけませんね (笑)

 

また今回は新潟という事で左回りとなります。

本馬の左回りはダートに限ると [2-1-0-0] となり、3戦2圧勝2着1回となります。

2着1回はデビュー戦という事でノーカウントとすると、2戦2圧勝となります。

左回りの適性は抜群と言って良いでしょう。

 

以上の理由から本馬を《今週の狙い馬》としました。

直線先頭から抜け出して1着を狙います。

 

 

相手候補としては、

 

ドンフォルティス

7戦4勝の ヘニーヒューズ 産駒の3歳牡馬です。

 

前走のJDD (JpnⅠ) は2番人気に支持されましたが、直線で脚が上がり、6着と沈んでしまいました。

 

こんなに簡単に負ける馬じゃないハズなんですよね。

3走前の全日本優駿 (JpnⅠ) で見せた、致命的な不利を跳ね返して ルヴァンスレーヴ に迫った能力は、こんなものじゃないハズです。

 

前走の敗因がハッキリしませんが、

 

①. ヘニーヒューズ 産駒の距離の限界。

②. 3ヶ月半の休養明けでの実戦ボケ。

③. 追い切り本数が少なく仕上がり途上だった。

 

の複数の要因があったのだろうと考えています。

 

②・③に関しては、今回叩き2走目という事で上方修正されるハズですが、問題は①になります。

確かに1600→1800→2000m と距離が延長されるにつれて、パフォーマンスが落ちている感じがしないでもないです。

ヘニーヒューズ 産駒という事もあって、ベストの距離はおそらく1600m でしょう。

 

今回、距離が1800m となり前走より200m の短縮となります。

まだ若干距離が長い気もしますが、伏竜Sを勝ったこの距離でもう一度見直せないでしょうか。

 

新潟ダートコースは差しの効きにくいコース形態なので、ペースは緩まず誤魔化しの効かない実力勝負となるでしょう。

 

伏竜Sを勝った時の様に、早目早目のレースで前走の雪辱を果たします。

 

グレートタイム

8戦2勝の キングカメハメハ 産駒の3歳牡馬です。

 

ユニコーンS (GⅢ)2着・JDD (JpnⅠ)3着馬です。

前走のJDDは、直線で馬群を縫う様に差し込み、3着と好走しました。

通算成績 [2-4-0-1] と勝ち切れないも崩れない成績を残しています。

 

常に出走メンバー3位以内の上がりを使って上位に迫っているので、もう少し前で競馬すれば届くのでは?と思いますが、前に行くとこの脚が使えないんでしょうね (笑)

 

今回差し込み辛い新潟コースなので、余計にその辺りが心配になりますが、そこは名手C.ルメール騎手です。

そろそろ答えを出すでしょう。

 

前走・前々走と能力差をまざまざと見せ付けられた ルヴァンスレーヴ はココにはいません。

そろそろ出番ではないでしょうか。

 

 

こんな感じでしょうか。

本来であれば ドンフォルティス が最有力ですが、前走の敗因と武豊騎手が離れた事が気になります。

距離的な事も踏まえて、ココは相手候補としました。

 

先行抜け出しを狙う アルクトス に後方から迫る ドンフォルティスグレートタイム と想定しました。

 

果たして結果はどうなるでしょうか?

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの[先週の注目馬]をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。