競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの[先週の注目馬]リアンヴェリテ!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。


それでは、タコイチの[先週の注目馬]をお届けします!


先週の注目馬は・・・

 

 

7月15日 (日)

函館12R   渡島特別

3歳以上1000万以下   定量   ダート1700m   出走14頭   馬場 : 稍重f:id:TAKOICHI:20180718013719j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト


1着 : リアンヴェリテ     1.44.7

父 : ゴールドアリュール     母 : ルミエールヴェリテ    牡4歳

 

2着の メイショウエイコウ にはクビ差まで詰め寄られましたが、3着以降には3馬身以上の差を付けました。

 

このタイムで走破した1・2着馬は1600万に上がっても勝ち負けでしょう。

特に2着の メイショウエイコウ は次走1000万は確勝クラスですね。

 

勝馬の リアンヴェリテ は、同条件の前走の500万戦でも良馬場で1分44秒9のタイムで大差勝ちを収めています。

主に1400m 以下の距離を使われていましたが、距離延長で開眼した感じですね。

 

この勝利でダート1700m [2-0-0-0] となりました。

次走も同条件であれば、勝ち負け必至だと考えます。

 

 

レース内容は? 

 

ポンとスタートを決め、促しながらハナに立ちました。

 

800m 通過48秒台前半のMペースで引っ張り、3~4コーナーで2着馬が迫って来た時も、楽な手応えで応戦しました。

 

3番手以降はこのペースに脚が上がり、直線では2着馬とのマッチレースとなりました。

 

直線に入ってからも渋太く脚を伸ばし、2着馬の追撃を振り切り、好タイムの1分44秒9で勝利しました。

 

 

血統背景は?

 

Cozzene の肌に ゴールドアリュール とくれば、主戦場はやはりダートという事になりますね。

最近の成績を見れば、距離は1700~1800m の中距離がベストと思われます。

 

瞬発力には欠けるので、 現在の後続に脚を貯めさせないペースで先行し、持久力勝負に持ち込んで粘り込むワンペースの戦法が、最も能力を発揮する戦法だと思われます。

 

稍重馬場で辛勝だった前走の渡島特別よりも、良馬場で後続をちぎった2走前の500万戦の方がパフォーマンスが高い事を考えると、スピード勝負よりもパワー勝負の方が得意かもしれませんね。

良馬場であれば信頼度もグッと上がるのではないでしょうか。

 

次走は1600万となりますが、走破タイム的にはこのクラスでもまだまだ上位の能力でしょう。

前走が休養明け2戦目だったので、今夏にあともう1走はあると思われます。

 

オープンに上がるまでは、是非追い掛けたい1頭です。

 

 

 

以上、タコイチの[先週の注目馬]でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。