競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の地方競馬】JDD!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の地方競馬】をお届けします!

 

 

 

7月11日 (水)

大井11R   ジャパンダートダービー   JpnⅠ

3歳オープン   定量   ダート2000m   出走14頭

ペース予想 : S~Mペース

 ① ルヴァンスレーヴ 牡3 56 M.デムーロ
 ② クリスタルシルバー 牡3 56 的場文男
 ③ グレートタイム 牡3 56 C.ルメール
 ④ クロスケ 牡3 56 笹川翼
 ⑤ バイラ 牡3 56 和田竜二
 ⑥ サンダベンポート 牝3 54 上田将司
 ⑦ スーパージェット 牡3 56 山口勲
 ⑧ ドンフォルティス 牡3 56 武豊
 ⑨ テーオーエナジー 牡3 56 岩田康誠
 ⑩ リコーワルサー 牡3 56 真島大輔
 ⑪ ハセノパイロ 牡3 56 矢野貴之
 ⑫ ハーベストムーン 牡3 56 戸崎圭太
 ⑬ アルファーティハ 牡3 56 吉原寛人
 ⑭ オメガパフューム 牡3 56 川田将雅

 

 

勝負の時がやって来ました。

今年の前半戦で、まだ唯一終了していないカテゴリー『3歳ダート王』の決定戦です。

 

JRA所属馬7頭 地方馬7頭 の計14頭のメンバーとなりましたが、

実質JRA勢7頭の戦いとなるでしょう。 

 

2強と想定している ルヴァンスレーヴドンフォルティス の戦いに、ワクワクし過ぎて仕事が手につきません (笑)

 

 


f:id:TAKOICHI:20180710185857j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・①ルヴァンスレーヴ です。

全日本2歳優駿 (JpnⅠ)・ユニコーンS (GⅢ) の勝馬です。

 

前走のユニコーンSは、まさに前哨戦という走りで他馬を圧倒しました。

重馬場ではありますが、東京1600m で1分35秒0で楽勝です。

本気で追っていれば、34秒台前半もあったかもしれません。

まるで古馬G1の様なタイムですね。

 

今回は距離が2000m に延長となり、唯一敗戦を喫した右回りとなりますが、その敗れた伏竜Sは、休養明けの仕上がり具合と主戦不在が影響したもので、距離と右回りが原因ではないと考えます。

 

ネオユニヴァース の肌に シンボリクリスエス であれば、2000m ぐらいがむしろベストではないでしょうか。

距離延長もマイナスではないと考えます。

距離・右回りが大丈夫であれば、1600m でも楽勝するスピードを備え持つ本馬に弱点らしい弱点は見当たりません。

 

今回①番枠となりましたが、出脚はお世辞にも良い方ではないので、道中は先団の直後ぐらいのポジションでしょうか。

ユニコーンSの様に、直線入口で先頭に並び掛ける機動力を見せられれば、勝ち負けになると予想します。

 

3歳ダート王に最も近いのは本馬でしょう。

 

 


f:id:TAKOICHI:20180710190055j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・⑧ドンフォルティス です。

北海道2歳優駿 (JpnⅢ)・伏竜Sの勝馬です。

 

新馬戦を除けば、敗戦は ルヴァンスレーヴ に敗れた全日本2歳優駿 (JpnⅠ) のみです。

その全日本2歳優駿は3~4コーナーで致命的な不利を受けるも、直線で盛り返し ルヴァンスレーヴ に迫りました。

まともなら際どい勝負になっていたでしょう。

 

今回大井2000m となりますが、伏竜Sの結果から考えると、何ら問題はなさそうです。

前からでも勝負できる機動力と、後ろからでも勝負できる末脚を備え持っています。

宿敵の前に付けるのか、後ろに付けのか、ポジショニングがポイントになると思いますが、お互いをマークし合う、痺れる様なマッチレースになりそうな様相です。

当レース3勝の天才騎手が本馬をエスコートします。

 

ルヴァンスレーヴ と本馬の2強と考えています。

 

 


f:id:TAKOICHI:20180710190415j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

注は・・・③グレートタイム です。

ユニコーンS (GⅢ) の2着馬です。

 

前走のユニコーンSでは、直線で包まれスムーズさを欠きながらも脚を伸ばし、どうにか2着を確保しました。

1600m ではちょっと忙しい感じですね。 

実績を見ても1600m より1800m の方がレース内容が安定しています。

 

今回400m の距離延長となりますが、母がダート重賞8勝で、当レース4着の ミラクルレジェンド という事を考えると、間違いなくプラスに働くでしょう。

 

中団ぐらいの位置に付け、本来の末脚発揮なら上位2頭を脅かすのは難しいかもしれませんが、3着には怖い1頭ではないでしょうか。

C.ルメール騎手の継続騎乗というのも心強いですね。

 

 

 
f:id:TAKOICHI:20180710191333j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

注は・・・⑨テーオーエナジー です。

兵庫チャンピオンシップ (JpnⅡ) の勝馬です。

 

前走は果敢に東京優駿 (GⅠ) に挑戦しましたが、18着シンガリ負けを喫しました。

やはりこの血統はダートオンリーですね。

ノーカウントで良いと思います。

 

その1戦を除けばダートで安定した成績を収めています。

デビュー戦に勝利し、続く2戦目は スマハマ に、3戦目は グレートタイム に敗れましたが、4戦目の500万戦で後続に5馬身以上の差を付けて快勝し、その勢いで5戦目の兵庫CSも ビッグスモーキー に5馬身差を付けて快勝しました。

出走するごとに強くなっている感じです。

 

今回2000m となりますが、距離自体は問題ないと思われます。

先行脚質なので、大井の長い直線がどうかですが、今回あまり前に行く馬が見当たらないので、Sペースの可能性も含みます。

厳しいペースにはまずならないでしょう。

緩いペースであれば、先行抜け出しで3着には怖い1頭です。

 

 


f:id:TAKOICHI:20180710194808j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

注は・・・⑭オメガパフューム です。

前走古馬相手の1000万 加古川特別を快勝しました。

これで通算成績 [3-0-1-0] となります。

 

3着に敗れた1戦も、東京1600m の稍重馬場でスタートで立ち遅れた青竜Sのみです。

1800m 以上であれば、3戦3完勝となっています。

 

今回大外⑭番枠となりましたが、操縦性に長けるタイプではないだけに、内々で包まれるよりは、外々でストレスなく追走する方が良いでしょう。

 

主戦のM.デムーロ騎手が ルヴァンスレーヴ を選んだ時点で、逆転は容易ではないですが、得意の右回りで長い直線であれば、無欲の追い込みで3着には怖い1頭ではないでしょうか。

 

 

 

以上の5頭の勝負と考えています!

 

①ルヴァンスレーヴ

 ⑧ドンフォルティス

 

以外の3頭はすべて です。

1・2着はなく3着候補とします。

上位2頭とはかなりの力差があると考えています。

 

買い目の方ですが、

初志貫徹2強の勝負とみて、馬単で勝負します!

念のため裏目も買っておきます (笑)

 

ココは勝負とみて、通常より多い金額で勝負します!

 

 

 

【買い目】
馬単 ①→⑧ 7000円
馬単 ⑧→① 3000円
 
合計 10000円

自信度【 S 】

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の地方競馬】でした!

 

では次回は、タコイチの【地方競馬回顧】をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。