競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

東京11R    ユニコーンS    GⅢ    ダ 1600m

6月17日    3歳オープン条件    別定    登録27頭f:id:TAKOICHI:20180612221012j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  ルヴァンスレーヴ

ダ  3-1-0-0  M.デムーロ  騎乗予定

 

前走 伏竜S(OP) 中山 (ダ)1800m 1.54.9 2着
2走前 全日本2歳(JpnⅠ) 川崎 (ダ)1600m 1.41.6 1着
3走前 プラタナス賞(500) 東京 (ダ)1600m 1.36.2 1着
4走前 2歳新馬 新潟 (ダ)1800m 1.54.8 1着


このレースをずっと待っていました。

首を長~~~くして待っていました(笑)

 

1着    ルヴァンスレーヴ

2着    ドンフォルティス

3着    相手候補

の3連単勝負を予定していたので、ドンフォルティス がココを使わずにJDDに直行となった事により、

 

1着    ルヴァンスレーヴ

2着    相手候補

の馬単勝負になってしまう誤算がありましたが、それでも十分勝負になると考えています。

 

本馬 ルヴァンスレーヴ の能力は、もうココで語る必要は無いでしょう。3歳ダート中距離路線の王者です。

 

前走の伏竜Sこそ ドンフォルティス の2着と敗れましたが、トリッキーな中山コースでは操縦性の差がモロに出てしまった感じですね。

クセの強い馬の為、主戦が裏開催のG1騎乗で乗れなかった影響もあったと思います。

 

この伏竜Sの結果を踏まえても、王者 ルヴァンスレーヴ の評価は変わりません。

今回、騎乗も主戦に戻り、コースも広く直線の長い東京コースになります。

JDDで ドンフォルティス に伏竜Sの借りを返す為にはココでは負けていられません。

 

絶対に負けられない戦いはココにあります(笑)

 

 

相手候補としては、

 

グリム

青竜Sの勝馬です。

その前走の青竜Sは、1~3着馬が後続を5馬身離す結果となりました。

2着馬がヒヤシンスS勝ちの スマハマ 、3着馬が先週1000万を快勝した オメガパフューム という事を考えると、本馬にもかなり高い評価をしても良いと考えます。

 

本馬はスムーズに先行するとかなり強いと思います。

前走でも明らかに2着3着馬の方が脚色が良かったのですが、結局ゴールまで粘り切り、先頭を死守しました。

前走の様な競馬が可能なら、ココでも上位でしょう。

逆に揉まれ込む様な競馬では大敗もあり得ます。

外枠からスムーズに先行条件での相手候補筆頭です。

 

レピアーウィット

アジアエクスプレス の全弟ですね。

芝では未勝利でしたが、ダートに転向し未勝利→500万と連勝中です。

この血統はやはりダートですよね。

 

2連勝の内容も優秀で、未勝利戦は逃げて最速の上がりで5馬身差、500万は出遅れて後方からコチラも最速の上がりで差し切り2馬身差の快勝でした。

まだまだ荒削りですが、未知の魅力はありますね。

 

ダートでは1400m しか経験がありませんが、兄の戦績を考えると、今回の1600m も大丈夫だろうと思われます。

前走の500万勝ちが3ヶ月の休養明けだったので、今回の4ヶ月の休養明けも、大きなマイナスにはならないと考えます。

 

グレートタイム

何度も言いますが、カッコ悪い名前です。

前走鳳雛Sで2着と惜敗しましたが、道中の位置取りが良ければ・・・という様な内容でした。

血統的にもまだまだ強くなりそうなイメージは有りますが、現状このメンバーに入るとインパクトに欠けます。

なら何故相手候補に?と問われると、C.ルメール騎手だから。と即答します(笑)

連闘の モズアスコット を安田記念で勝たせる腕前です。

騎乗馬の能力を1ランク2ランク底上げしてしまいます。

2ランクぐらい底上げされると、ココでも上位の評価になってしまいます。

相手候補= グレートタイム ではなく、相手候補=C.ルメールです(笑)

 

コマビショウ

伏竜Sの3着馬です。

勝馬の ドンフォルティス には離されましたが、2着の ルヴァンスレーヴ とはクビ差と大健闘しました。

4着に2馬身、5着以降にはさらに5馬身の差を付けました。

この結果から考えると、前走鳳雛Sの3着が物足りない感じですが、仕掛けドコロで内にモタれて追えなかった事と、騎手の判断ミスによるところが大きかったと思います。

今回初の左回り&1600m ですが、前走で内にモタれた事と、1700m のくすのき賞で2着馬を3馬身以上離して勝利した実績があるので、プラスに働く可能性はあります。

問題は騎乗予定の武士沢騎手ですね。

こればかりは、マイナスと言って良いでしょう。

何故ココで武士沢騎手なのかわかりません(笑)

 

 

以上の4頭ぐらいでしょうか。

登録数が27頭と多く、フルゲート必至のレースとなりそうです。

レピアーウィットグレートタイムコマビショウ は抽選対象なので、除外の可能性もあります。

 

ココは ルヴァンスレーヴ からの馬単勝負でビシッと決めたいですね。

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの[先週の注目馬]をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。