競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの[先週の注目馬]グランアレグリア!

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。


それでは、タコイチの[先週の注目馬]をお届けします!


先週の注目馬は・・・

 

 

東京 5R    2歳新馬    芝 1600m

6月3日    2歳新馬条件    馬齡    出走15頭    馬場 : 良f:id:TAKOICHI:20180606110847j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト


1着 : グランアレグリア     C.ルメール     1.33.6

 父 : ディープインパクト    母 : タピッツフライ    牝2歳

 

前走 2歳新馬 東京 (芝)1600m 1.33.6 1着

 

いきなり大物の予感ですね。

クラシック候補で間違いないでしょう。

 

勝ちタイムは驚愕の1分33秒6です。

いくら時計の出やすい絶好馬場とはいえ、2歳新馬でこのタイムは超破格のタイムと言って良いでしょう。

コレを軽く仕掛けただけ(正確にはムチ1発)で叩き出す訳ですから、その能力は計り知れませんね。

しかも牝馬なんですよね。

巷ではすでに、同時期の新馬戦を勝った昨年の ダノンプレミアムステルヴィオ と同等かそれ以上との声も上がっています。

 

4着以下を9馬身引き離した2着の ダノンファンタジー 、3着のフィッシュダイブ も折り返しの未勝利で勝利当確と思われます。

 

 

レース内容は?

絶好のスタートを切り、先行馬を見る形の6番手のポジションに付けました。

⑭番枠という事で外々を回っての追走となりましたが、終始手楽な手応えで先頭との差を徐々に詰めていきます。

3コーナーで3番手、4コーナーですでに2番手まで進出し、抜群の手応えで直線へ向かいます。

直線では必死に追われる他馬を横目に、馬なりで先頭に立ち、後続を引き離しにかかります。

残り300m 地点で軽く仕掛けられ、200m 地点で気合いのムチ1発を入れられると、必死に追いすがる2着馬を尻目に悠々とゴールイン。まさに圧勝でした。

 

 

血統背景は?

母は Tapit 産駒には珍しい米芝G1の勝ち馬で、勝ち鞍はマイル付近に集中しています。

この母に ディープインパクト ですから、本馬の距離適性は1600~2000m ぐらいでしょうか。

牝馬なので、阪神JF→桜花賞の王道を目指す事になると思われますが、すでにその資格を十分に持っていると思われます。

 

テン良し・中良し・終い良し。

おまけにレースセンスも良さそうな感じで、デビュー戦の内容にはケチの付け所が無さそうです。

ビシビシと攻めを積みかなり仕上がっていた初戦なので、次走これ以上の内容となると厳しいと思いますが、今の段階でも上のクラスで十分戦えるでしょう。

藤沢厩舎-C.ルメール騎手のラインに、血統も超一流とくれば、

 

今後、目を離してはいけない1頭です。

 

 

 

以上、タコイチの[先週の注目馬]でした!

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。