競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まずは1頭目は・・・

 

 

東京10R    江ノ島特別    1000万    芝 1600m

6月9日    3歳以上1000万下条件    定量    登録10頭f:id:TAKOICHI:20180604100911j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  ミュージアムヒル

芝  2-5-0-0  戸崎圭太  騎乗予定
 

前走 スイートピーS(OP) 東京 (芝)1800m 1.47.9 2着
2走前 Fウォーク賞(500) 中京 (芝)1600m 1.35.6 1着
3走前 春菜賞(500) 東京 (芝)1400m 1.22.3 2着
4走前 赤松賞(500) 東京 (芝)1600m 1.37.1 2着
5走前 サフラン賞(500) 中山 (芝)1600m 1.35.5 2着

 

 

《今週の狙い馬》としては、前走のスイートピーS に続き2回目の PICK UPとなります。

7戦2勝の ハーツクライ 産駒の3歳牝馬です。

通算成績[2-5-0-0]の連対率100%です。

現在1000万の条件で甘んじていますが、そこら辺の2勝馬とは訳が違います。

前走のスイートピーSでも《今週の狙い馬》として取り上ましたが、オークスに出走した ランドネ にまんまと逃げ切られてしまいました。

Sペースのレースで、スタートで出遅れてしまい、位置取りが後方になってしまったのが響きました。

直線は上がり最速で猛然と追い上げるも2着まで、オークスの出走権を逃がしてしまいました。

レース後の騎手談で『直線は差し切れる手応えはあったが残り200m で止まってしまった』とあったので、1800m が少し長かったかもしれません。

距離適性は1400~1600m がベストでしょう。

 

今回は距離が1600m となり、負担重量も52.0kg で出走可能です。

古馬混合戦で未対戦の古馬との力量差がポイントとなりますが、52.0kg ならば通過点でしょう。

騎乗も戸崎騎手なら文句はありません。

ベストの条件のココは落とせない1戦です。

 

 

相手候補としては、

 

オールザゴー

オープンからの2階級降級馬です。

3歳時にマーガレットSを勝ち、続くNHKマイルCで アエロリット の5着以降はオープンで鳴かず飛ばずの成績でした。

ココで2階級降級となり仕切り直しの1戦となります。

アルーリングボイス の産駒で早熟傾向は否めませんが、3歳時同等の走りが可能であれば、2階級降級馬の意地を見せつけるかもしれません。

 

エメラルスター

コチラも降級馬です。

血統的にはいまいちパッとしませんが、1000万では安定して上位の成績を納めていました。

前走で1000万を快勝し、ココに備えていました。

勝って同条件となります。

相手候補の中で勢いはコノ馬でしょう。

このメンバーでも善戦は可能だと思います。

 

ソーグリッタリング

またまた降級馬です(笑)

1600万でも安定の走りを見せていました。

特に前走はアタマ差2着と好走しています。

先行脚質なので、今の東京の馬場に向いていると思います。

アネモネSを勝ち、桜花賞で3着した ソーマジック を母に持ちます。

 

ランガディア

当然降級馬です(笑)

前走1600万でも1番人気に支持されました。

体質的に休み休みの競馬となっていますが、それでも通算成績[3-0-0-2]と底を見せていません。

今回は中5週の叩き2戦目の出走と、調整は順調に進んでいる様です。

C.ルメール騎手騎乗であれば、ハズせない1頭です。

 

 

こんな感じでしょうか。

ミュージアムヒル 52.0kg  VS  降級馬57.0kg の対決と想定してみました。

赤松賞で マウレア に迫った ミュージアムヒル の実力ならば、ココは通過点となるハズですが・・・。

果たして結果はどうなるでしょうか?

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。