競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの『勝負レースでの教訓 』 第4話!

 

タコイチの『勝負レースでの教訓』  第4話

 

 

 
f:id:TAKOICHI:20180523121410j:image

 

 

 

📖  『最強牝馬ここにあらわる』 の巻

今年のオークスは アーモンドアイ の圧勝で終わりました。

距離不安が心配されたオークスを勝ち、牝馬3冠はほぼ手中にしたと言っても良いと考えます。

特に牝馬3冠にこだわらないなら、天皇賞(秋)→JCの路線でもオモシロイと思います。

そんな途方もなく強い アーモンドアイ のオークスをテレビの競馬中継で見終えた時に悲劇は起こりました・・・。

 

:『さぁ、今日何食べに行く?』

 

嫁がこう一言、呟いたのです。

 

そうです。私タコイチは妻帯者です。

嫁1人子供3人の5人家族です。関西在住です。

 

:『えっ何?』私はとぼけました。

するとその言葉に被せるぐらいのタイミングで

:『今日競馬で勝ってるやろ?何食べに連れて行ってくれる?』と嫁。

 

おかしい・・・。

私はテレビ中継で競馬を見ている時は、なるべく言葉を発しない様にしています。

まして『勝った』『負けた』などは絶対に。

嫁から結果を聞かれても、常に『負けた』と答えています。

なのにおかしい・・・。

嫁はこのブログの内容どころか存在すら知らないハズ。

なぜオークスで勝った事を知っている?

無言で自問自答しましたが、答えは見つかりません。

 

その間も容赦なく嫁の攻撃は続きます。

:『回転寿司でよろしく!』

:『今日は日曜日で混むから予約しようかな?』

:『18 : 30に予約したから!』

何の返事もしない私を放っておいて、淡々と事を進めます。まるで職人の様に・・・。

 

結局、私の了承は関係なく、回転寿司を奢らされる羽目になってしまいました。

家族5人分です。

いくら回転寿司とはいえ、鳳雛Sで負け、オークスで多少取り返しただけの私の収支など、風前の灯火です。

揚げ句の果てにはデザートのアイスまで注文され、大幅なマイナスで帰路に着きました。

 

その回転寿司での食事中にずっと考えていました。

なぜ嫁が競馬で勝った事を知っているのかを。

別に勝ったお金で家族にご馳走するのは嫌じゃないです。

むしろ好きな方で大勝した時などはよく家族で外食しています。

問題はそこではなくて、なぜ嫁が勝った事を知っているのかという事です。私は何も言っていないのに。

 

そんな事を考えながら・・・。

でも答えは見つかりませんでした。

 

このままでは眠れそうにないので、勇気を出して嫁に聞く決心をしました。

帰りの車を運転をしながら、助手席に座って鼻唄を歌って上機嫌の嫁に思い切って聞いてみました。

 

:『なんで今日競馬で勝ってるてわかった?』

 

と私が聞くと、嫁は一言こう答えました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

:『うん?  勘。』

 

 

 

 

 

:『え~~~~~~~~~~~~~~~~!!!』

思わず急ブレーキを踏みそうになりました。

 

そうです。嫁は己の勘のみで私が競馬に勝ったと確信し、予約までして着々と事を運んでいたのです。

なんというギャンブラー。私を遥かに凌ぎます。

私が競馬で勝ってなかったら、どうするつもりだったのでしょうか?

まさに最強牝馬ここにあらわるです。

 

アーモンドアイ の話題と思ってご覧の皆さん ごめんなさい!

今回は私の家の最強牝馬の話でした(笑)

息抜き程度にお読み下さい(笑)

 

よくよく嫁に聞いてみると、その日は私の競馬の結果に関係なく外食しようと思っていたと。

そんな時に楽しそうに競馬をしている私を見て、カマをかけてみる事にしたと。

私が強く否定しないので、勝ったなと確信したと。

なのでそのまま私にご馳走して貰う事にしたと。

とんでもないギャンブラーですね(笑)

 

話を聞いてスッキリしましたが、嫁のギャンブラーとしての素質にはビックリしました。

今回美味しい目をした事で、これからも一か八かの賭けを仕掛けて来るでしょう。

どうやって対処するかが、今後の私の課題となります(笑)

 

このブログをご覧頂いている皆さん、また競馬をこよなく愛している皆さん、気を付けてください!

あなたの隣でも最強牝馬があなたを狙っていますよ(笑)

 

 

 

以上、タコイチの『勝負レースでの教訓』 第4話 でした。

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。