競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの『3歳牝馬クラシック番付』オークス編!

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの『3歳牝馬クラシック番付』オークス編 を発表したいと思います!

 

 

タコイチの『3歳牝馬クラシック番付』オークス編

 

 

 
f:id:TAKOICHI:20180502224235j:image
 

 

 

横綱  アーモンドアイ

芝  3-1-0-0  父 : ロードカナロア  母 : フサイチパンドラ

f:id:TAKOICHI:20180502224353j:image
引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

衆目一致で横綱はコノ馬ですよね。

桜花賞を制した桜の女王です。

世界の ロードカナロア は初年度からとんでもない怪物を誕生させました。

 

桜花賞の最後の直線で自ら前を抜き去ろうとする姿は野生そのものという感じでしたね。

その桜花賞がノーステッキでの快勝となれば、、今回のオークスもまず堅いでしょう。

ペースも展開も距離も関係ありません。

次元の違う競馬でアッと言わせてくれるでしょう。

 

C.ルメール騎手も余程自信があるのでしょう。三冠という言葉を口にしました。

私の現時点での評価もすでに ブエナビスタジェンティルドンナ 級以上です。

負ける姿が想像出来ません。

 

完成度(★★☆☆☆)

 

 

 

大関  サトノワルキューレ

芝  3-0-1-0  父 : ディープインパクト  母 : ヒアトゥウィン

f:id:TAKOICHI:20180502224520j:image
引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

桜花賞組以外からのランクインです。

フローラSの勝馬です。

 

その前走は最後方から末脚一気の完勝でした。

照準をオークス一本に絞り、牡馬を相手に2400m を戦ってきた実績は伊達ではありませんでしたね。

他馬が2400m の距離に不安を残す中で、本馬にとってこの距離は家の庭の様なものです。何の不安もありません。

 

唯一の問題はココ2走の出遅れですが、この距離であれば、リカバリーは容易いでしょう。

 

長く使える末脚を持っているので、アーモンドアイ より前の位置で先に仕掛ける事かできるなら、自慢のスタミナで接戦に持ち込む事も可能かもしれません。

変幻自在のM.デムーロ騎手騎乗も心強いですね。 

 

完成度(★★★☆☆)

 

 

 

関脇  ラッキーライラック

芝 4-1-0-0 父 : オルフェーヴル  母 : ライラックスアンドレース

f:id:TAKOICHI:20180502224728j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

阪神JF・チューリップ賞の勝馬です。

桜花賞では完璧なレースをしました。

しかしそれより遥かに強い馬が1頭いました。

素人目に見てもかなりの力差があったと思います。

コチラが叩き2戦目に対し、相手は休養明けだった事を考えると、前走の着差は縮まるより拡がる可能性があります。

オークスでは初の2400m となります。

血統的には アーモンドアイ より距離適正はあるハズですが、それを持ってしても今の力差を埋めれるかどうかは疑問です。

先行抜け出しでドコまで粘れるでしょうか。

 

完成度(★★★★☆)

 

 

 

小結  リリーノーブル

芝  2-1-2-0  父 : ルーラーシップ  母 : ピュアチャプレット

f:id:TAKOICHI:20180502224851j:image
引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト
 

桜花賞では、当面の敵であった ラッキーライラック を交わす事は出来ませんでしたが、チューリップ賞の2馬身以上の着差を1/2馬身まで縮めました。

しかし、もう1頭 アーモンドアイ という更に強い敵が現れました。

現状では4番手評価となりましたが、上位3頭の牙城は堅固です。

桜花賞では少しパワーの要す馬場を味方にして上位に迫りましたが、東京のスピード勝負になると ルーラーシップ 産駒で厳しい可能性が高いです。

長い直線で差し脚勝負でドコまで迫れるでしょうか。

 

完成度(★★★☆☆)

 

 

 

前頭筆頭  プリモシーン

芝  2-1-0-1  父 : ディープインパクト  母 : モシーンf:id:TAKOICHI:20180502225004j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト
 

フェアリーSの勝馬です。

 

桜花賞ではスタートで大きく出遅れ、最後方から直線インを狙うも前が開かずレースになりませんでした。

そういう意味では、上位との勝負付けはまだ済んでいないと言えますが、仮に五分の条件でも好勝負に持ち込めていたかどうかは疑問です。

 

ディープインパクト 産駒なので、無欲の競馬で極端な作戦を取るなら、3着ぐらいはあるかもしれません。

 

完成度(★★★☆☆)

( プリモシーン はNHKマイルC参戦が発表されました)

 

 

 

以上、タコイチの『3歳牝馬クラシック番付』オークス編 でした。

この番付は秋華賞前に再度選考し発表したいと思います。

 

では次回は、【今週の勝負レース】土曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。