競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けします!

 

では2頭目は・・・

 

 

4月22日 (日)

東京11R   フローラステークス   GⅡ

3歳オープン   牝馬   馬齢   芝2000mf:id:TAKOICHI:20180417103145j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  ノームコア

通算  2-0-1-0  戸崎圭太  騎乗予定

 

前走 フラワーC(GⅢ) 中山 (芝)1800m 1.49.5 3着
2走前 アスター賞(500) 中山 (芝)1600m 1.35.1 1着
3走前 2歳新馬 福島 (芝)1800m 1.49.0 1着

 

G1では・・・という感じの、一歩足らずの微妙なメンバー構成になりそうです。

しかもおそらくフルゲートになるでしょう。

 

このレースで勝負すべきかどうか悩み中ですが、一応【今週の勝負レース】候補として挙げてみます。

下位条件に良さそうなレースがあれば、ソチラに切り替えも検討します (笑)

 

《今週の狙い馬》は ノームコア です。

 

先行馬に騎乗は戸崎騎手=イイ感じですね。

私の中では戸崎騎手は、ペース判断に優れ、勝ちに行くポジションを取れるジョッキーとして、日本人騎手の中では最上位の評価です。

 

桜花賞 (GⅠ) の プリモシーン の騎乗ではイロイロ叩かれていましたが、皐月賞 (GⅠ) の エポカドーロ の完璧な騎乗で取り返しましたね。

さすがトップジョッキーです。

 

本馬とは初騎乗となりますが、前に行きたいタイプなので手は合うと思います。

東京開幕週で、基本的に前有利の見立てで予想しています。

 

新馬・500万と連勝し、6ヶ月半の休養明けで迎えた前走のフラワーC (GⅢ) ですが、先行粘り込みで3着と頑張りました。

勝馬・2着馬共に ディープインパクト 産駒の評判馬だった事を考えると、上々の結果だと思います。

 

今回は叩き2戦目となり、更に前進が期待できます。

また東京コースとあり、後ろの馬に注意が向く様であれば、スイスイと粘り切るも可能です。

 

初戦のインパクトからは、2戦目・3戦目が物足りなく感じますが、コレは中山の急坂の影響があったのではないかと考えています。

 

今回の東京コースにも坂が待ち構えていますが、中山コースの坂程、馬力を要すものではありません。

開幕週の絶好のコンディションで、2番手3番手の絶好位で競馬が可能なら馬券圏内はあると思います。

 

 

相手候補としては、

 

レッドベルローズ

実績的には相手候補筆頭です。

 

一騎討ちの新馬戦を制し、フェアリーS (GⅢ) に出走しましたが、スタートで出遅れ、勝馬の プリモシーン から0.2秒差の3着、続くクイーンC (GⅢ) では出遅れと道中の不利が重なり10着惨敗となり、桜花賞戦線から脱落となりました。

 

路線の調整後に挑んだ自己条件の前走ミモザ賞では、出遅れもせず折り合いもスムーズの余裕のある勝利で、よくやくコノ馬の能力の高さを示すレースとなりました。

 

再び重賞挑戦となりますが、今まで戦ってきた相手を考えると今回は一枚落ちるメンバーなので、前走の様なスムーズな競馬が可能であれば、善戦必至ではないでしょうか。

東京の長い直線も強い味方です。

 

サラキア

コノ馬も桜花賞戦線脱落組です。

 

能力さ高さは疑いようはないですが、やはり問題は出遅れ癖ですね。

陣営が公言しているようにスタートがまあ遅いです。

今回もほぼ出遅れるんじゃないでしょうか (笑)

しかし、出遅れた前走のチューリップ賞 (GⅡ) でも、直線追い上げ4着に来る末脚を持っています。

 

今回距離が2000m に伸びる事で、出遅れのリカバリーはマイルより容易になると考えれば、直線一気という可能性も少なからずあるんじゃないでしょうか。

 

センテリュオ

トーセンスターダム の全妹になります。

 

2月の遅いデビューとなりましたが、初戦の新馬戦を勝ち上がり、前走の君子蘭賞では最速の上がりを使って2着とレースぶりが良くなっています。

 

3走目の今回でどれだけのレースができるのかが課題となりますが、兄はこの時期には既に重賞を勝ちクラシック候補とされていました。

 

今回はメンバーが一挙に強くなりますが、良血馬の3戦目で一発があっても何ら不思議ではありません。

 

サトノワルキューレ

牡馬相手に善戦以上の結果を残しています。

 

初戦の新馬戦を勝ち、休養を挟んで挑んだ牡馬混合の梅花賞で、直線不利を受け3着と敗退しました。

続く牡馬混合のゆきやなぎ賞では出遅れはしましたが、息の長い末脚を使い見事差し切りました。

この時点で牡馬相手の2400m で2戦1勝3着1回です。

 

今回のメンバーに入れば実績も上位と言えます。

スタミナが豊富で、前からでも後ろからでも戦える自在性はココでも一歩リードです。

引き続きM.デムーロ騎手が騎乗予定なのも頼もしいですね。

 

と、こんな感じで先行抜け出しを狙う ノームコア に、襲い掛かる ディープインパクト 産駒4頭の構図で予想しました。

 

後ろの馬同士で牽制し合うと ノームコア に勝機が訪れます。

開幕週の絶好馬場で、直線抜け出しからの粘り腰に期待します!

 

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの[先週の注目馬]をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。