競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの【今週の勝負レース】桜花賞!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 をお届けします!

 

 

 

4月8日 (日)

阪神11R   桜花賞   GⅠ

3歳オープン   牝馬   芝1600m   定量   出走18頭

ペース予想 : Mペース 

  ラッキーライラック 牝3 55 石橋脩
 ② アマルフィコースト 牝3 55 浜中俊
 ③ リバティハイツ 牝3 55 北村友一
 ④ アンコールブリュ 牝3 55 藤岡康太
 ⑤ レッドサクヤ 牝3 55 松山弘平
 ⑥ スカーレットカラー 牝3 55 岩田康誠
 ⑦ トーセンブレス 牝3 55 柴田善臣
 ⑧ ハーレムライン 牝3 55 大野拓弥
 ⑨ リリーノーブル 牝3 55 川田将雅
 ⑩ アンヴァル 牝3 55 藤岡佑介
 ⑪ コーディエライト 牝3 55 和田竜二
 ⑫ デルニエオール 牝3 55 池添謙一
 ⑬ アーモンドアイ 牝3 55 C.ルメール
 ⑭ レッドレグナント 牝3 55 M.デムーロ
 ⑮ プリモシーン 牝3 55 戸崎圭太
 ⑯ フィニフティ 牝3 55 福永祐一
 ⑰ マウレア 牝3 55 武豊
 ⑱ ツヅミモン 牝3 55 秋山真一

 

 

 


f:id:TAKOICHI:20180411190437j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

◎は・・・⑬アーモンドアイ です。

現在2番人気です。 

 

①ラッキーライラック が単勝1倍台で1番人気となっていますが、私はコチラを本命とします。

 

 

またまた出遅れるのか?

 

これはスタートしてみないと誰にもわかりません。

過去3戦すべてで出遅れているので、出遅れる確率はかなり高いです。

ですが陣営も矯正に躍起になっているハズなので、もしかしたら出遅れないかもしれません。

私は出遅れると思っていますが (笑)

 

仮に出遅れたとしてもC.ルメール騎手なら、2戦目の様に中団まで押し上げ、直線勝負に持ち込むだろうと思います。

 

また、C.ルメール騎手は①ラッキーライラック をマークすると明言しています。

良いスタートを切れば先団直後のポジションでしょう。

 

どちらにせよ包まれるのを嫌がるであろう①ラッキーライラック が、直線早めに抜け出すと予想します。

であれば、シンザン記念で見せた鬼脚を持ってすれば長い直線と急坂を味方に付け、本馬が差し切ると予想します。

桜の女王のチャンスは十分です!

 

 


f:id:TAKOICHI:20180608112637j:image
 引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

〇は・・・①ラッキーライラック です。

これだけの実績馬です。

対抗以下には下げれません。

 

 

①番枠に入ってしまった。

 

これを不利と見るか?有利と見るか?

私は後者と考えています。

 

前者は、過去20年間で[0-0-1-19]の枠順成績が指摘されています。

なので調べてみました。

 

過去20年間の桜花賞で①枠に入った馬の人気は

  • 1番人気                0頭
  • 2番人気                0頭
  • 3番人気                1頭
  • 4番人気                2頭
  • 5馬人気以下    17頭

1番人気どころか2番人気すらいません。

つまり枠順成績が[0-0-1-19]と芳しくないのは、そもそも桜花賞を勝てる実力の馬が①番枠にいなかったという事です。

 

今年の①ラッキーライラック の様に、4戦全勝の2歳チャンピオンで、間違いなく1番人気という馬が①番枠に入るのは、過去20年間で初めてという事になります。

過去データからは何のマイナス要素もありません。

 

逆にその脚質から『最短距離を走る事ができる』という事で、後者が正解だと思います。

全勝の1番人気の馬が最短距離を走る訳ですから、信頼度は限りなく高くなります。

 

唯一の心配点を挙げると、包まれて不利を受ける可能性がある事です。

コレを防ぐ為には内ラチ沿いは危険なので、逃げ馬の外を追走しペースをコントロールする必要があります。

 

あまりにもSペースになってしまうと、後ろから一気に来られる可能性があるので、速めのSペース~Mペースぐらいでしょうか。

このペースで抜け出し、直線で後続を完封する走りを見せられるなら、桜の女王載冠も目の前です!

 

 


f:id:TAKOICHI:20180608112703j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

▲は・・・⑯フィニフティ としました。

ステファノス の全妹になります。

 

阪神1600m は ディープインパクト 産駒の庭です。

本レースの ディープインパクト 産駒の中では最上位だと考えています。

 

 

前走はかなりの高評価。 

 

新馬戦を快勝し、挑んだ前走のクイーンCで、絶妙な逃げを打った テトラドラクマ に、後方から脚を使い0.1秒差まで迫りました。

休養明け・初輸送・初左回り を考えると、着順もタイムの1分33秒8も上等です。

 

叩き2戦目で、 ステファノス の妹で、 ディープインパクト 産駒です。

買いたい要素が沢山あります。

 

今回は⑬アーモンドアイ が目の前にいるハズです。

C.ルメール騎手の仕掛けに合わせて、本馬も仕掛けを開始するでしょう。

長い直線勝負は望むトコロです。

⑬アーモンドアイ の直後の位置なら、逆転も可能です!

 

 

この3頭で勝負します!

 

土曜日の自分でもちょっと強引過ぎたかと思っていたニュージーランドTの予想が的中し、収支が再びプラス領域に入りました。

そのせいかわかりませんが、このレースはやたら自信があります。

ココでもう一発的中し、収支上乗せと行きたいです!

 

 

 

【買い目】
馬連 ①-⑬ 3500円
馬連 ①-⑯ 1000円
馬連 ⑬-⑯ 500円
 
合計 5000円

自信度【★★★★☆】

 

 

(買い目の変更は行いませんが、金額はレース当日の状況により出走時刻までに変更の可能性があります。)

 

 

以上、タコイチの【今週の勝負レース】日曜日版 でした!

 

では次回は、タコイチの【勝負レース回顧】日曜日版 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。