競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》2頭目!

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 


それでは、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目をお届けします!

 

では2頭目は・・・

3月18日  中山11R  スプリングS  GⅡ  (芝)1800m

 

《狙い馬》  ステルヴィオ

芝  2-2-0-0  Cルメール  騎乗予定

f:id:TAKOICHI:20180404001609j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

朝日杯FS  GⅠ の2着馬です。

前走・前々走とも ダノンプレミアム の2着でした。

その ダノンプレミアム は弥生賞も勝ち4戦4勝としました。

ライバルがどんどん成長を見せる中で、この馬はスプリングSでどんなレースを見せられるでしょうか。

 

今回のスプリングSは1800mとなります。

前走・前々走は1600mのレースで、ゲートは普通に出るのですが、二の脚がきかず後方からの競馬となりました。

レース後の騎手談話にも『エンジンの掛かりが遅いので1600mは少し忙しい』とありました。200mの距離延長は多少でもプラスになると思われます。

道中ある程度の位置で折り合えれば、直線は素晴らしい末脚を発揮します。

前走 朝日杯FSはSペースで大外から33秒8の末脚を駆使しましたが、勝った ダノンプレミアム に33秒6の末脚を使われ突き放されてしまいました。

前々走 サウジアラビアRCはMペースでこれも大外から33秒5の末脚を使い ダノンプレミアム に0.3秒まで迫りました。脚色は圧倒的に ステルヴィオ が優勢でした。

ペースが流れさえすれば、間違いなく飛んで来ます。

今回はメンバー的にもコース的にも、Sペースにはならないでしょう。

中山コースですが、200mの距離延長で道中楽に良いポジションに付けられれば、この馬の末脚を持ってすれば楽勝も可能です。

休養明けになりますが、全4戦とも間隔を開けて好走しています。心配は無いでしょう。

トライアル戦なので、メイチの仕上げではないですが、それは各有力馬も同じ事。差し引きしても大きなマイナスにはならないでしょう。

この馬も1番人気になるでしょうから、相手を絞って勝負したいと思います。

 

このレースには、

  • エポカドーロ
  • ゴーフォザサミット
  • サトノソルタス
  • ルーカス

らの有力馬も参戦予定です。

 

これらの馬を相手に ステルヴィオ がどんなレースを見せてくれるでしょうか。

土曜日の若葉S同様 注目の1戦です!

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目でした!

 

では次回は、私が先週行われたのレースの中で『おっコレは!』と感じた、タコイチの[先週の注目馬]をお届けしたいと思います!

 

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。