競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの《今週の狙い馬》1頭目!

 

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

 

それでは、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けします!

 

まずは1頭目は・・・

 

 

3月17日 (土)

阪神10R   若葉ステークス

3歳オープン   馬齢   芝2000mf:id:TAKOICHI:20180404001742j:image

引用 : netkeiba.com - 国内最大級の競馬情報サイト

 

《狙い馬》  タイムフライヤー

通算  3-2-0-0  C.ルメール  騎乗予定 

 

前走 ホープフルS(GⅠ) 中山 (芝)2000m 1.52.7 1着
2走前 京都2歳S(GⅢ) 京都 (芝)2000m 1.54.3 2着
3走前 萩S(OP) 京都 (芝)1800m 1.49.7 1着
4走前 2歳未勝利 阪神 (芝)1800m 2.01.6 1着
5走前 2歳新馬 新潟 (芝)1800m 2.01.4 2着

 

初代ホープフルS (GⅠ) の勝馬です。

 

G1勝馬がこのレースに出走する事なんて今まであったでしょうか?

私の記憶にはありません。かなりレアなケースだと思います。

 

既にホープフルSで中山コースを経験しているので、弥生賞 (GⅡ) やスプリングS (GⅡ) にわざわざ出走する必要がないと言えばそれまでですが、なんか違和感がありますね。

 

それとホープフルSの位置付け的な問題も。

G1に格上げされて第1回目なので、これからの事はわかりませんが、現時点ではまだまだG2レベル臭いです (笑)

クラシックを見据える有力馬は早々に回避を表明し、残されたG2・G3レベルの馬達が掲示板を分け合った形と私は見ています。

 

レース内容も、Hペースを後方の馬が差し込んで来ただけの単調な内容であった様に思えます。

実際に掲示板内の馬の次走は、2着 ジャンダルム と4着 サンリヴァル が弥生賞で3・4着と健闘しましたが、上位からは離されています。

3着ステイフーリッシュ においては、G3で9着惨敗です。

 

今回勝馬の タイムフライヤー が、若葉Sでどんなレースをするのか?

この結果でホープフルSのレースレベルが判明します。

注目の1戦になりそうです。

 

馬の力量的には ハーツクライ 産駒で、スピードよりもパワーの方が秀でたタイプだと考えます。

スピードの必要とされた初戦の新潟・4戦目の京都は2着に破れました。

 

逆にパワーを必要とした2戦目の阪神・3戦目の重馬場の京都・5戦目の中山はキッチリ勝ちました。

 

今回の若葉Sは阪神コースなので、高い確率で好走するでしょう。

メンバー的にも恵まれ、相手と言えるのも ダノンフォーチュン ぐらいでしょうか。

 

本番前の叩き台には丁度よい感じですね。

1番人気確実なので買い目は相当絞らなければいけませんが、鉄板級の軸馬です。

 

 

以上、タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 でした!

 

では次回は、タコイチの《今週の狙い馬》2頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。