競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

タコイチの『勝負レースでの教訓 』 第1話!

タコイチの『勝負レースでの教訓』  第1話!




f:id:TAKOICHI:20180502223110j:image

 

 

 

📖  まぐれは前で起こる! の巻

 

これは某競馬解説者の方の一言ですが、私も激しく賛同します。

 

【勝負レース】自体の条件が少頭数指定なので、必然的にSぺースになりがちです。

軸馬が逃げ馬・先行馬であればあまり問題ないのですが、差し・追い込み馬だと、前残りに注意を払う必要があります。

 

昨今の競馬ではHペースになる事は珍しく、ほとんどがMペースかSペースです。

 

私は、後ろから差し込める馬はそのクラスでは上位の能力の馬のみだと考えています。まぐれはあまりありません。

よくよく考えると、その馬には差し込めるだけの要因がある事がほとんどです。

 

逆に、前で逃げ残る馬も上位の能力の馬が大半ですが、まぐれ的な馬も多々見受けられます。

好走する理由がわからない馬が多いです。

 

それだけペース利・展開利は大きいという事でしょう。

 

実力的に足りない逃げ馬・先行馬がSペースの恩恵を受け、馬券圏内に残り波乱の原因になる事はよく起こります。

 

逆に言うと、

 

波乱の原因のほとんどが人気薄の馬の前残りだという事です。

 

私も何度となく少頭数のレースでありながら、人気薄の逃げ馬に逃げ切られて痛い目に合いました。

本命ガチガチだろうと思って勝負すると、人気薄が見事に逃げ切ったりしてくれます(笑)

それを事前に予想できれば、美味しいオッズにありつけることができるのですが、そこは人気薄の馬です。

基本的な能力は他馬より劣ります。

馬券を買った時に限って、人気通りの着順になってしまいます(笑)

 

レースを予想する際には、最初に逃げ馬・先行馬を馬柱から見つけ、その馬が展開の恩恵を受けた場合、逃げきれるのか?先行で粘りきれるのか?をまず考えて予想していくことをオススメします。

 

勝負レースを予想する順序は、

 

  1. 展開で恩恵が受けられそうな馬はいるのか?
  2. 逃げ馬が残れるか?
  3. 先行馬が粘れるか?
  4. 差し馬が差し切れるか?
  5. 追い込み馬がゴボウ抜きできるか?

 

の前からの消去法順序で考えて予想を組み立てていきましょう!

 

 

 

以上、タコイチの『勝負レースでの教訓』 第1話!でした。

 

では次回は、今週末のレースで私が注目している  タコイチの《今週の狙い馬》1頭目 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。