競馬サラリーマン タコイチ

1日1レース限定勝負!

これが【勝負レース】の条件だ!

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。
 
f:id:TAKOICHI:20180524101429j:image

これが【勝負レース】の条件だ! 

 

ポイント①  少頭数のレースであること。

 

できるだけ少頭数のレースを選びましょう。少なければ少ない程的中率は上がります!

連対圏に絡むであろうと予想される馬が4頭以下ぐらいに絞れるレースがベターです。

 

 

ポイント②  2歳・3歳限定のレースであること。

 

同馬齢の馬達だけのレースが望ましいです。

世代間の力差を考える必要がなくなります。

2歳戦・3歳クラシックのトライアルレースなどがピッタリの条件です。

ただ、2歳・3歳戦とも未勝利・500万・オープン・重賞戦はOKですが、新馬戦はダメです。

情報が少な過ぎます。

血統・騎手・厩舎・調教だけでは、投資するに値しません。

 

 

ポイント③  1600m以上のレースであること。

 

なるべく短距離戦は避けたいところです。

若駒は気性的に不安定でよく出遅れたりします。

短距離で軸馬に出遅れられては勝負になりません。

これは中長距離でも同じ事ですが、中長距離であれば道中ペースが緩む事があるので、挽回のチャンスは0ではないです。

出遅れ癖のある馬を軸馬に選ばない様に注意して下さい。

 

 

ポイント④  明確な軸馬が出走するレースであること。

 

たとえ少頭数であっても、実力均衡であれば、買い目が増えてしまいます。

馬券圏内に来るであろう確率が特に高い馬1頭に馬券を絡めて勝負するスタイルがオススメです。

競馬紙面を見てすぐに『この馬が本命だ』と決め打ちできるぐらいの軸馬が出走するレースが望ましいです。

 

 

ポイント⑤  レース展開が読みやすいレースであると。

 

レース展開が読めないと競馬予想になりません。

特に困るのが『逃げ馬不在』というパターンです。

こうなるとレース展開は?です。

どの馬が逃げ、どの馬が先行で、どの馬が差し追い込みなのかレース展開の想像が容易なレースがオススメです。

明確な逃げ馬がいるレースが望ましいです。

 

 

以上いくつかの条件をあげましたが、すべての条件をクリアするレースを探すのは難しいです。

なるべくクリアする条件の多いレースを見つけましょう!

 

 

 

以上、これが【勝負レース】の条件だ! でした!

 

では次回は、私が実際 に【勝負レース】で痛い目に合って気付いた、タコイチの『勝負レースでの教訓』 をお届けしたいと思います!

 

参考程度にサラッと読んで頂ければ嬉しいです。